「井納翔一」2014年11勝した横浜の投手 ハマの宇宙人

107ZkBRvhpgRh
2014年に横浜DeNAベイスターズ
史上初となるシーズン2桁勝利
を達成した投手は◯◯翔一?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
いのう(答)
「井納翔一」いのうしょういち

言動から「宇宙人」のあだ名があるようですね。

井納 翔一(いのう しょういち、1986年5月1日 – )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。血液型はA型。
>3月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でシーズン初勝利[8]。5月9日の対東京ヤクルトスワローズ戦(横浜スタジアム)では6回表にNPBタイ記録の1イニング3暴投[9]を記録するものの順調に勝ち星を伸ばし、5月23日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)ではプロ初完封勝利で7勝目を挙げた[10]。5月までに7勝したのは、球団では1992年の佐々木主浩以来、22年振り10人目であった。5月は1完封を含む4勝0敗で、球団では投手では4年ぶり、DeNAとなってからはは初の月間MVPを受賞した[11]。オールスターゲームにも監督推薦で初選出[12]されたほか、7月25日の対ヤクルト戦(神宮)で6回1失点で自身初の10勝目を挙げ、DeNAとなってからは初めての二桁勝利投手となった。リーグ10勝一番乗りは球団では1993年の野村弘樹以来21年ぶり[13]で、単独トップに限れば1985年の遠藤一彦以来29年ぶりであった[14]。
引用元: 井納翔一 – Wikipedia.

ハマの宇宙人
天然キャラで、デニー友利曰く「あいつは宇宙人。宇宙と交信している」。藤井秀悟もイチオシ。

新人合同自主トレの練習後、グラブを2つ重ねて「はい、バナナの叩き売りだよ!」と絶叫。盛大にスベる。
試合前、記者の前で「ヤバイです。きょうは4時起きです」と言い残しベンチ裏へ。試合後、記者に早起きの理由を尋ねられ「誰に聞いたんですか!? 早いッスね、情報が」と目をぱちくり。なお、早起きの理由は「おなかすいて目が覚めちゃったんです」とのこと。
>プロ初完封を達成した試合でオフに覚えたツーシームを10球投げ、捕手の高城俊人も「ツーシームが良いところに決まった」とコメントするも、本人は「今日は(ツーシームを)投げてない」と投げたことを忘れる。
試合前の中畑監督への取材の際、囲んでいる記者の中にペンとメモを持って紛れ込んでおり、中畑監督から「お前にオレの言動をチェックされるようになったら終わりだよ!」と言われた。また、井納の成長を実感しており、「去年はアイツ、会話がかみ合わなかったもんな。それだけでも人間としてだいぶ進歩したよ」とも。
引用元: 井納翔一とは (イノウショウイチとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.