「小山伸一郎」こやましんいちろう 楽天創設来の中継ぎ投手「半袖魔神」

196aGfRSaZVnm
楽天イーグルスで中継ぎとして
活躍する背番号「57」の投手は
◯◯伸一郎?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
こやま(答)
「小山伸一郎」(答)

サッカーにも詳しく「半袖魔神」と言われているようです。

中日時代[編集]
1997年、1998年は一軍登板がなかった。1999年6月9日の巨人戦で一軍初登板を果たす。伸びのよいストレートを持ち、ファームではストッパーを務める事が多かった。「入団当時は160キロを出したいと言っていた」と野球名鑑に書かれていた[2]。
2001年にウエスタン・リーグで最多勝(10勝)を獲得。2002年、2003年にはウエスタン・リーグで2年連続の最優秀救援投手賞を受賞した。しかし、一軍では安定した成績を残すまでには至らなかった。
2004年オフ、無償トレードで新規球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。
>楽天投手陣のリーダー的存在。2005年の球団創設時から投手として唯一、(2013年)現在も選手としてチームに在籍し続けている。時に後輩の若手選手を厳しく叱り[7]、時に兄貴分として若手と食事会を開くなどまとめ役としてもチームに貢献しており[3]、楽天監督の星野仙一には「ピッチャーは小山がまとめてくれるから大丈夫や」と全幅の信頼を置かれている[7]。
引用元: 小山伸一郎 – Wikipedia.

2011年は新監督の星野仙一監督にキャンプの際開幕投手を期待されていたが辞退。昨年はクローザーを勤めていたが首脳陣からの信頼がないためなのか、春先は炎上する傾向があるためか、シーズン序盤はビハインドを中心に登板。5月に入り調子を少し上げロングリリーフで結果を残し、11年ぶりの先発登板を行った。結果は(ry。その後は中継ぎに戻り調子を上げている。9月半ばには味方のミスがらみで2試合連続サヨナラ敗戦投手になったが、田中将大に次ぐチーム2位の8勝を挙げた。
なお、この8勝だが、他投手に勝ち投手の権利ある際に登板→同点に追いつかれる→勝ち越しで追いつかれた投手に勝ち投手権利での形での勝ちはひとつもなく、先発投手緊急降板後、5回前にリードしているが先発投手が乱れランナーを貯めて降板後、ビハインドもしくは同点で登板後打線が得点の勝ち星だった。
引用元: 小山伸一郎とは (コヤマシンイチロウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.