「コンシリア」元ガンバ大阪監督 

017VcEOEjjFQC
1998年にガンバ大阪の
監督を務めた人物です
コンシリア(答)
Friedrich Koncilia

フリードリッヒ・コンシリア(Friedrich Koncilia, 1948年2月25日 – )は、オーストリア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
選手時代はゴールキーパーとしてFCヴァッカー・インスブルック、RSCアンデルレヒト、FKアウストリア・ウィーンでプレー。主にFCヴァッカー・インスブルックの選手としてオーストリア・ブンデスリーガ優勝を8回、オーストリア・カップ優勝を6回を経験する。
>引退後は指導者となり、オーストリアU-21代表のゴールキーパーコーチ、FKアウストリア・ウィーンのスポーツディレクターやガンバ大阪ヘッドコーチ、監督などを歴任した。
引用元: フリードリッヒ・コンシリア – Wikipedia.

ガンバ大阪クラブヒストリー
1998
Jリーグ1stステージ:14位(7勝10敗)
Jリーグ2ndステージ:16位(5勝12敗)
ヤマザキナビスコカップ:予選Cグループ3位
第78回天皇杯:3回戦敗退
監督:フリードリッヒ・コンシリア/フレデリック・アントネッティ
主将:岡中勇人
JリーグKodakオールスターサッカー選出:岡中勇人
アジアユース(U-19):準優勝
出場:稲本潤一・播戸竜二
アジア大会(U-21):二次予選敗退
出場:宮本恒靖・稲本潤一
引用元: ヒストリー|ガンバ大阪オフィシャルサイト.