JRAの牝馬顕彰馬「クリフジ」「トキツカゼ」「メジロラモーヌ」「ウオッカ」 アメリカ「蒸留酒ウォッカ生産量世界一」「SMIRNOFF」

256twVQvlByxi
次のうち、JRAにより
顕彰馬に選出された牝馬を
1つ選びなさい
トウメイ
トキツカゼ(答)
クリフジ(答)
ダイワスカーレット
ヒサトモ
ヒシアマゾン
ウオッカ(答)
スティルインラブ

実戦では「メジロラモーヌ」の選択肢もありました。
「ウオッカ」「オ」は大文字です。タイピングに注意。
ウォッカつながりを復習。

CIMG4988
蒸留酒・ウォッカの生産量が
もっとも多い国はアメリカである
○(答)
×ロシア

CIMG5124
2013年に平岡祐太がCMに出演
したウォッカブランドです
SMIRNOFF(答)
『スミノフ』

「スミルノフ」で覚えて「R」を漏らさないようにしましょう。「F」も2個です

JRA顕彰馬(ジェイアールエーけんしょうば)とは、中央競馬の発展に多大な貢献のあった競走馬の功績を讃え、後世まで顕彰していくために1984年に制定されたものである。顕彰競走馬は「殿堂入り」に相当する。
競馬の殿堂には調教師・騎手顕彰者とともに顕彰馬の肖像画、ブロンズ像、関係資料が展示されている。
>現在の選考方法は10年以上競馬報道に携わっているマスコミ・新聞関係者による選考投票を行い(1名2頭までの連記式、「該当馬なし」として投じることも可能)、総投票者の4分の3以上の得票を得れば選出という方式であり、2004年より実施されている。選考は毎年4月に行われる。選定対象馬は3月31日を起算日とし競走馬登録抹消1年以上経過し、20年以内の馬である。現役馬や競走馬登録抹消1年未満の馬、競走馬登録抹消20年を経過した馬は対象外である。
引用元: JRA顕彰馬 – Wikipedia.

クリフジ(幼名及び繁殖名:年藤)は戦前を代表する日本の競走馬。牝馬として日本競馬史上唯一のクラシック競走3勝を挙げた。生涯成績11戦11勝は、日本競馬における現在に至るまでの主要な競走(八大競走など)を含む最多全勝記録[2]。1984年に顕彰馬に選出された。
引用元: クリフジ – Wikipedia.

トキツカゼとは日本の競走馬である。1940年代後半に活躍した牝馬で、繁殖牝馬としても大成功を収めた。戦後期の日本競馬を代表する名牝である。佐藤嘉秋が全30戦中29戦に騎乗した。
>1949年3月20日のオープンを最後に、通算成績30戦11勝のトキツカゼは引退。生まれ故郷で繁殖入りしたトキツカゼは繁殖牝馬としても活躍し、オートキツ(日本ダービー)とオンワードゼア(天皇賞(春)・有馬記念)を輩出した。両馬ともに年度代表馬に選ばれている。これら競走成績・繁殖成績が認められ1984年顕彰馬に選出された。顕彰馬の中で、産駒の競走成績が認められて選出された牝馬(GI勝ち馬2頭以上輩出が条件)は、トキツカゼただ1頭である[2]。
引用元: トキツカゼ – Wikipedia.

メジロラモーヌは日本の競走馬。1986年に桜花賞、優駿牝馬(オークス)、エリザベス女王杯を制し、中央競馬史上初の牝馬三冠を達成した。1985年度優駿賞最優秀3歳牝馬、1986年度同最優秀4歳牝馬。1987年顕彰馬に選出された。半弟に1989年高松宮杯の勝利馬メジロアルダン(父アスワン)がいる。
引用元: メジロラモーヌ – Wikipedia.

ウオッカ(Vodka、2004年4月4日 – )は日本の競走馬・繁殖牝馬である。牝馬として64年ぶりに東京優駿に勝利するなど牡馬を相手に活躍した。同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬と互角以上に渡り合った。2008年・2009年のJRA賞年度代表馬。2011年選考の顕彰馬。
引用元: ウオッカ – Wikipedia.

【ウオッカ】
ウオッカ(Vodka)は日本の競走馬である。
主な勝ち鞍は阪神ジュベナイルフィリーズ、東京優駿(日本ダービー)、安田記念(2回)、天皇賞(秋)、ヴィクトリアマイル。
【ウォッカ】
ウォッカ(ロシア語: водка ヴォートカ;ポーランド語: wódka ヴートカ;ウクライナ語: горілка ホリールカ)は、ロシアやポーランド、ウクライナなど東欧・旧ソ連圏で製造されている蒸留酒。
ヴォトカ、ウォトカ、ウォツカ、ウオッカとも表記される。なお、ウォッカの読みは日本における慣用とされ、むしろ原語発音に近いヴォトカ、ウォトカないしウォツカに修正される方向にある。
引用元: ウオッカとウォッカの違いを教えてください。 – 【ウオッカ】 ウオッカ(Vodk… – Yahoo!知恵袋.

また、ウォッカと聞くとロシアが有名かと思われますが、アメリカが生産量世界一であることを知っておきたいものです。1933年禁酒法が解禁され製造もあわせてアメリカで行うことによりカクテルのベースとしては欠かせないスピリッツとして成長を遂げました。
引用元: スピリッツ|輸入洋酒とは・・・|日本洋酒輸入協会.