トヨタカップ初代優勝ナシオナル・「モンテビデオ」MVPビクトリーノ 準優勝「ノッティンガム」・フォレスト 第2回優勝「フラメンゴ」

010gBSdZgaCTk
第1回トヨタカップで
優勝したサッカークラブは
ナシオナル・◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
モンテビデオ(答)

ですが
MVPに選ばれた選手は◯◯◯◯◯◯?
ビクトリーノ(答)

ですが
敗れたサッカークラブは◯◯◯◯◯◯◯・フォレスト?
ノッティンガム(答)

ですが
第2回トヨタカップで優勝したサッカークラブは◯◯◯◯?
フラメンゴ(答)

ビクトリーノのシュートシーンの動画です

インターコンチネンタルカップ(英: Intercontinental Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)、南米サッカー連盟(CONMEBOL)の主催により1960年から2004年まで行われていた、UEFAチャンピオンズリーグとコパ・リベルタドーレスの優勝クラブによるサッカーのクラブチーム世界一決定戦である。
>インターコンチネンタルカップ時代[編集]
1950年代、当時のサッカーの二大勢力であった欧州と南米のサッカークラブ世界一決定戦の計画が持ち上がるようになる。1956年から開かれていた欧州のUEFAチャンピオンズカップの南米版として、コパ・リベルタドーレスがウルグアイの提案で1960年より始まり、その年に第1回インターコンチネンタルカップが開催された。
>そこで1980年頃に「中立な第三国での一発勝負であれば、安全面やスケジュールの問題もクリアできるのではないか」という話が持ち上がり、その試合の開催地として日本が浮上する。この話に日本テレビと電通が乗る形で企画がスタートし、電通がトヨタ自動車を冠スポンサーにつけることで本格的に開催準備が始まった[1]。
当初日本テレビと電通では1981年12月に第1回大会を開催する方向で調整を進めていたが、その最中に当時のヨーロッパチャンピオンであるノッティンガム・フォレストがUEFAチャンピオンズカップの1回戦でいきなり敗北しスケジュールが空いたことなども重なり、結局予定を繰り上げて同年2月に第1回大会を開催することに決定。大会名もトヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ(TOYOTA European/South American Cup)、通称:トヨタカップとなった[2]。
トヨタカップ1980-1984
引用元: インターコンチネンタルカップ (サッカー) – Wikipedia.