「パブリックコース」誰でもプレー可能なゴルフコース 「メンバーコース」会員のみ 『バンカー』日本初のゴルフ誌 「ゴルフカップの大きさは英国の水道管のサイズ由来」

266qvWfGBOedG
会員制ではなく、誰でも予約・
プレーが可能なゴルフコースを
「◯◯◯◯◯コース」という?
◯を答えなさい
パブリック(答)
「パブリックコース」

「メンバーコース」の分岐はないのでしょうか。
ゴルフカップの由来ほかもあわせてどうぞ

CIMG2704nbKdLTTWikCi
ゴルフのカップの大きさは
あるものを使って穴を開けたこと
で現在の大きさになりましたが
それは何?
ペン立て
コップ
ジャムの瓶
水道管(答)

CIMG9456KczwzcuzLKGr
1915年に創刊された
日本初のゴルフ雑誌は?
「ホール・イン・ワン」
「ボギー」
「バーディ」
「バンカー」(答)

008FNKzinDmjs
ゴルフで、グリーン付近に
造られているバンカーを
「◯◯◯バンカー」という?
◯を答えなさい
ガード(答)
「ガードバンカー」
フェアウェイを横切るバンカーは「クロスバンカー」

ゴルフ場(ゴルフじょう、golf course)とは、スポーツの一種であるゴルフをプレーするために設計された施設をいう。ゴルフコース、ゴルフクラブなどとも呼ばれる。
>通常は、全部で18のホール(Hole、「穴」の意)から構成され、各ホールには規定の打数(パー、Par)が定められている。ボールを打ち出す場所(ティーインググラウンド、Teeing ground)からカップまでの距離が、1ホールの距離である。18ホールすべてを合計して「全長xxヤード」(ゴルフでは通例として、アメリカの距離単位「ヤード」を使用する)という。18ホールの規定打数を合計して「パーxx」と言い、パー72を採用するコースが最も多い。各ホールの長さや、コースの全長は用途によって多様である。
>メンバーシップコース[編集]
会員制のゴルフ場のこと。運営にあたっては、会員が資金を持ち寄りクラブを作る、またはゴルフ場経営会社がゴルフ会員権を発行して会員を集める。日本では、ゴルフ場の約9割がメンバーシップコースである。
プレーするには、会員になるか、会員の同伴または紹介が必要である。しかし、実際には会員が少ないなどの理由でビジター(非会員)でも会員の紹介なしで受け入れているゴルフ場も多い。
パブリックコース[編集]
特定の会員への優遇なしに、平等にプレーできるゴルフ場のこと。公営ゴルフ場にこの形態が多いが、民営のパブリックコースもある。
メンバーシップコースとの大きな違いは、会員がいない、または会員においても優先的にコースを使う権利がないということである。
引用元: ゴルフ場 – Wikipedia.

日本これからのメンバーコースの運営について
日本ゴルフコース設計者協会
副理事長 小室 嘉彦
>バブル経済に後押しされた預託金制度の会員権が投機の対象として流通したため、会員は過度な預託金を拠出するに至り、経営者側は集めた金を会員のために使用しあるいは運用するという義務を怠り、会員側も投機的要因を重要視して、預託金が正当にゴルフクラブ運営に使われているかのチェックを怠り、結果バブル崩壊で資産価値が暴落し、同様に暴落した預託会員権もゴルフ場そのものも、今度は異状と思われる程の低い価値判断で売買されるようになってしまいました。

メンバーコースというものは本来、土地買収から造成まで費用を会員が公平に分担するべきものですが、それは大きな負担なので、欧米でもある意味でスポンサーやメンバーの核となる有志が、イニシャルコストの一部あるいは全部を負担し、運営コンセプトとどの様なコース創りをするかを決定し、集まった同志であるメンバー達も運営の責任を担い、運営費が不足した場合は年間で均等に必要な経費負担をするのが本来の姿なのです。
引用元: 日本ゴルフコース設計者協会.

カップの大きさは全世界共通で、4.25インチ(108㎜)であるが、これはあるもののサイズに由来している。それは、イギリス・セントアンドリュース市の水道管のサイズである。
 19世紀後半まで、グリーン上のカップはただ土を掘り返しただけの穴で、大きさはコースによってまちまちだった上、ラウンドが進むにつれて崩れてしまうという難点があった。そこで、セントアンドリュースのグリーンキーパーだったトム・モリス・シニア(全英オープン優勝4回の名ゴルファーでもある)が、水道管を適当な長さに切って地面に埋め、カップとした。やがて、これが定着し、1891年にはR&A(ロイヤル&エイシェントゴルフクラブ)が、カップの直径を正式にこの水道管のサイズと同じに定める。それが4.25インチだったというわけだ。
引用元: カップ【cup】- ゴルフ用語 | ゴルフダイジェストTV.

>…1915年12月から、NRCGAの機関誌とされるゴルフ雑誌『バンカー』が刊行されている。日高論文によれば、その創刊号に次のような記述があるという。
 「日本レースクラブは、政府の援助なくしては維持が不可能であり、この助成を確保するためには、毎開催ごとに15頭以上の新馬戦(注 数レースの新馬の競走番組を作成する上で、最低15頭の新馬が必要という意味だろう)を行うことによって、馬産を奨励しなくてはならないことを知っているゴルファーはあまりいないのではないでしょうか。」(日高氏訳)…
引用元: 横浜・根岸ゴルフ場「時代とともに歩んだ幻のコース」第2回 – nikkeibp.jp – 歴史を旅する……日本ゴルフ史の起源.