引退次のクラブ ルイス・フィーゴ「インテル」パオロ・マルディーニ「ACミラン」パベル・ネドベド「ユベントス」

021LGNrkLMtgt
次の元サッカー選手と
2009年に現役を引退したときに
所属していたクラブの
正しい組み合わせを選びなさい
ルイス・フィーゴ───インテル
パオロ・マルディーニ───ACミラン
パベル・ネドベド───ユベントス

フィーゴ(Figo フィーグ)もしくはルイス・フィーゴ(ルイシュ・フィーグ)ことルイシュ・フィリープィ・マザイラ・カアイル・フィーグ(Luís Filipe Madeira Caeiro Figo OIH [luˈiʃ fɨˈlipɨ mɐˈðɐjrɐ kɐˈɐjru figu] 、1972年11月4日 – )はポルトガル・リスボン出身の元サッカー選手。元同国代表。ポジションはウイング(主に右サイド)。
>ポルトガルでは年間最優秀選手賞を5年連続で受賞するなど、黄金世代の中心選手として長らく代表を支えてきた選手。キャップ数は歴代最多出場記録となる127試合。そのドリブル技術の高さからマンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスとともに1990年代最高のウイングと評される。
>所属クラブ[編集]
1989年-1995年 ポルトガルの旗 スポルティング・リスボン
1995年-2000年 スペインの旗 バルセロナ
2000年-2005年 スペインの旗 レアル・マドリード
2005年-2009年 イタリアの旗 インテルナツィオナーレ・ミラノ
引用元: ルイス・フィーゴ – Wikipedia.

パオロ・チェーザレ・マルディーニ(Paolo Cesare Maldini, 1968年6月26日 – )は、イタリア・ミラノ出身の元サッカー選手。元イタリア代表選手。セリエAのACミランに所属していた。ポジションはディフェンダー(サイドバック、センターバック)。
史上最高の左サイドバックと評され、ミランの象徴とまで呼ばれた選手[2] [3] [4] [5] [6]。 そのサッカー人生の全てをACミランに捧げ、25年間という長きにもわたりミランのバンディエラ(旗手)としてチームを支え続けた。イタリア代表ではFIFAワールドカップ4大会連続出場を果たし、1998年フランス大会、2002年日韓大会では主将も務めた。マルディーニが積み立ててきたサッカー人生は、やがて『セリエA歴代最多出場試合数(647試合)、W杯史上最多出場時間(2217分)、W杯最多フル出場試合数(23試合)』という金字塔を打ち立て、幾多のタイトルと共に(後述)、今日のサッカー史にその名が刻まれている[4] [5] [7] [8]。
引用元: パオロ・マルディーニ – Wikipedia.

パベル・ネドベド(チェコ語: Pavel Nedvěd, 1972年8月30日 – )はチェコ出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。オフェンシブなポジションでの出場が多い。日本語表記はパヴェル・ネドヴェド、ネドビェド、ネドヴィェドと書かれる場合もある。イタリア1部リーグセリエAのラツィオ、ユヴェントスなどに所属していた。
>2006-07シーズン、ユーベは不正疑惑の為にセリエB降格の処分が下され、主力だったカンナヴァロ、テュラムらが次々とユヴェントスを去り、自らにも多くのクラブからオファーがきた。シーズン終了前は引退も口にしていたネドベドだったがデル・ピエロ、ブッフォンに続き、「世話になったクラブに恩返しをしようと思う」と現役続行と残留を表明、チームを1シーズンで再昇格させる原動力となる活躍を見せた。
2007-08シーズン、新加入のチアゴにレギュラーの座を脅かされていたが、35歳という年齢ながらレギュラーを死守した。
2009年2月25日、2008-09シーズンをもって現役を引退することを発表した。
現在はユヴェントスでスポーツディレクターを務めている。
引用元: パベル・ネドベド – Wikipedia.