「ファイナル6」レギュラーラウンド終了後の上位6位の総当り戦

007WQCDnWGbRj
2014-2015年からバレーボールの
V・プレミアリーグで導入された
通常リーグ戦終了後に行われる
ファイナルステージは?
ファイナル5
ファイナル7
ファイナル8
ファイナル6(答)

201409301926_2
引用元: 2014/15シーズンから採用するVリーグ新開催方式について | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト.

バレーボール 2014/15 Vプレミアリーグ(バレーボール 2014/15 ブイプレミアリーグ)は、2014年11月15日から2015年4月5日にかけて行われる予定のV・プレミアリーグの、Vリーグから通算して第21回大会である。
>本年度より試合方式、および優勝決定戦の方式を一部変更している。
改正のポイントとしては、
レギュラーラウンドの順位をファイナル6に反映させ、ファイナルステージ(いわゆるポストシーズン。ファイナル6<2次リーグ>→ファイナル3&ファイナル< 決勝トーナメント>)進出チームの決定に有利な展開を設けることで、よりレギュラーラウンドの活性化を図ること
ファイナルステージを長期化することで、ポストシーズンの緊張感を創出させる
世界大会で導入されている勝ち点制(3-2-1ポイントシステム)を導入させる
という、世界大会基準に近づけることを目指している[1]
>ファイナルステージ[編集]
一部の新聞では、V・ファイナルステージ(ファイナル6・決勝トーナメント)を総じて「プレーオフ」[2]と称しているものがあるが、本稿ではVリーグ公式サイトの表記に沿って2次(セミファイナル)リーグを「ファイナル6」、決勝(ファイナル)トーナメントを「ファイナル3&ファイナル」と表記する。
ファイナル6[編集]
2013/14シーズンまでの「セミファイナルラウンド」に当たる2次リーグ。レギュラーラウンドの上位6チームによる1回戦総当たりとし、上位3チームが「ファイナル3&ファイナル」(パラマス式による決勝トーナメント)に進出する。4-6位のチームはこの段階で順位が確定する
ファイナル3&ファイナル[編集]
2013/14シーズンまでの「ファイナルラウンド」に相当する決勝トーナメントは、ファイナル6の1位のチームをファイナルにシードするパラマス式トーナメントで、いずれも1試合制で決定する。ファイナルの勝利チームを優勝、敗戦チームを2位、またファイナル3の敗戦チームを3位として確定する。
引用元: バレーボール2014/15Vプレミアリーグ – Wikipedia.