日本サッカー協会会長「今村次吉」いまむらじきち「長沼健」ながぬまけん「川淵三郎」かわぶちさぶろう「犬飼基昭」いぬかいもとあき「大仁邦弥」だいにくにや Jリーグチェアマン「川淵三郎」かわぐちさぶろう「鈴木昌」すずきまさる「鬼武健二」おにたけけんじ「大東和美」おおひがしかずみ「村井満」むらいみつる

279DxihFamREt
次のうち、日本サッカー協会会長
を務めた人物を1つ選びなさい
大東和美
大仁邦弥(答)だいにくにや 13代
竹田恒和 日本オリンピック委員会会長
鈴木昌 チェアマン
犬飼基昭(答)いぬかいもとあき 11代
加藤良三 プロ野球コミッショナー
川淵三郎(答)10代
鬼武健二 チェアマン


2012年6月に日本サッカー協会会長に就任しました
大仁邦彌
だいにくにや

CIMG2179zSRGcpQGBrCa
次の人物を
日本サッカー協会会長を
務めた順に選びなさい
今村次吉   初代
高橋龍太郎   3代
藤田静夫   6代
長沼健   8代
岡野俊一郎   9代

022beHGsHnenV
023fAERuhlfHj

サッカーJリーグの
初代チェアマンは川淵三郎
ですが

2002年に2代目チェアマンに
就任したのは◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
すずきまさる
鈴木昌

公益財団法人日本サッカー協会(にほんサッカーきょうかい、英語: Japan Football Association、略称:JFA)は、日本サッカー界を統括し代表する団体として、サッカー競技の普及および振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)や日本フットボールリーグ(JFL)、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の試合や天皇杯全日本サッカー選手権大会、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会などの公式サッカー大会を主催する。プロ・アマの活動を一本化して管理している。
日本サッカー協会 – Wikipedia

Jリーグにおけるチェアマン (chairman) は、社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)理事長の別称であり、Jリーグの代表者。
初代の理事長であった川淵三郎の発案により、チェアマンという通称が併せて用いられることとなった。その後、法人の正式文書やマスメディアではこの通称がむしろ一般化し、チェアマンが事実上の職名となっている。
>1994年以降、歴代のチェアマンは上位組織である日本サッカー協会の副会長も兼任している。
>初代 川淵三郎 1991-2002年 日本代表選手、日本代表監督、第10代日本サッカー協会会長
第2代 鈴木昌 2002-2006年 鹿島運輸社長、鹿島アントラーズ代表取締役社長、日本サッカー協会副会長
第3代 鬼武健二 2006-2010年 ヤンマー監督、ヤンマーマリナックス社長、セレッソ大阪社長、日本サッカー協会副会長
第4代 大東和美 2010-2014年 住友金属工業四国支社長、住友金属工業九州支社長、鹿島アントラーズ代表取締役社長
第5代 村井満 2014年- リクルートエージェント社長、リクルート本社執行役員
引用元: Jリーグチェアマン – Wikipedia

鈴木 昌(すずき まさる、1935年12月15日 – )は、日本の経営者。2002年から2006年まで、社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の第2代理事長(Jリーグチェアマン)を務めた。
>チェアマンに就任後、2003年に延長Vゴール方式を廃止、2005年には従来2ステージ制であったリーグ戦を1ステージにするなど、Jリーグの開催方式を世界基準に合わせる各種の改編を行ってきた。また、1999年以降16チームで推移してきたJリーグディビジョン1を2005年から18チームに拡大し、Jリーグ参加希望クラブの受け皿として3部リーグ(J3)を創設する構想をマスメディア上で披露するなど、Jリーグ百年構想を推し進める施策や発言を行った。
引用元: 鈴木昌 (経営者) – Wikipedia