「市立西宮高等学校の2年生」高校野球のプラカードガール 受験的配慮から2年生だけ

034BWuePfONzR
高校野球の開会式で
プラカードを持つ女子生徒は
2年生だけに限らている
◯(答)

受験的配慮もあったのですね

CIMG6630
甲子園で行われることもある
高校野球の兵庫大会では
甲子園の土を持ち帰ることは
できない
◯(答)

西宮市立西宮高等学校(にしのみやしりつ にしのみやこうとうがっこう)は、兵庫県西宮市高座町にある公立高等学校。近隣に所在する兵庫県立西宮高等学校と区別するため、地元では「市西」(いちにし)とも呼ばれる。
阪神甲子園球場で行われる全国高等学校野球選手権大会開会式の入場行進で、2年生の女子生徒が代表校のプラカードを持つことで有名。
>阪神甲子園球場で行われる夏の高校野球大会では、1949年(昭和24年)31回大会から本校の女子生徒が代表校のプラカードを持つことが慣わしとなっている。それは、戦後高校野球が再開された際、学制改革で代表校に多数の新制「高校」が出場してきたが、まだなじみの薄い学校名を印象付けるためプラカードに学校名を書いて行列の先頭に立つこととし、その提案に関わったひとりが本校関係者であったのと、当校(当時の西宮市立建石高等学校)が阪神甲子園球場に近かったためと、歴史的に女学校であったためである。最初の年は夏休みの直前であったが補欠を含め約30人の3年生が集められ、歩き方の審査もあったという。それ以降何年かは3年生が担当していたが、自分のプラカードの高校が勝ち進むと受験勉強に身が入らないということで現在では2年生が担当している。また、プラカードを持つ以外にも、開会式でのコーラスなどに同校の女子生徒が参加している。
引用元: 西宮市立西宮高等学校 – Wikipedia.

夏の甲子園では1949年から、兵庫県西宮市立西宮高校の女子生徒が入場行進の手伝いをするのが伝統になっている。制服を着てさっそうと歩く姿にあこがれ、入学を希望する生徒もいるという。
>プラカードガールになれるのは2年生だけ。しかも、応募のうえに審査がある。2年生になった美咲さんは「お母さんたちが感じた魅力を自分も感じたい」と応募。審査では、竹の棒を手に体育館を歩き、敦子さんに言われた通り背筋をピンと伸ばした。96人のうち65人が選ばれ、美咲さんもその一人に入った。
引用元: asahi.com(朝日新聞社):「プラカードガール初の3代目「高校野球っていいな」」 – 高校野球総合ニュース.