アジアのF1グランプリ ゴロ「1976南無三の日本グランプリ」「日本」「マレーシア」「中国」「シンガポール」「韓国」

038BjwTuzhRoL
初めてのエフワンの
日本グランプリが
開催されたのは西暦何年?
0878
3967
1786
1976(答)

高度経済成長期が終わった頃の開催のイメージかな?
「南無三の日本グランプリ」とか、ベトナム戦争後の1976ベトナム南北統一のころとかで覚えましょう。

010cVoKdoPQGV
次のアジアの国を
エフワンが初開催されたのが
早い順に選びなさい
(日本) 1976
マレーシア 1999
中国 2004
シンガポール 2008
韓国 2010

中国が意外に早いんですね

鈴鹿サーキット問題も復習

261kezGKRIYkC
鈴鹿サーキットのコースで
130Rとよばれるのはどこ?
下図(14)

CIMG1185xxFLhAyLDupa
鈴鹿サーキットのコースで
逆バンクと呼ばれるのはどこ?
下図(6)
Circuit_Suzuka
引用元: ファイル:Circuit Suzuka.png – Wikipedia.
引用元: 鈴鹿サーキット「S字」「逆バンク」「ダンロップコーナー」「デグナーカーブ」「ヘアピンカーブ」「スプーンカーブ」「130R」 | わかればいいのに I wish I knew.

1976年には日本で初めてF1シリーズ戦が富士スピードウェイで開催されたが、F1日程決定時に既に全日本F2000選手権最終戦『日本グランプリ』が組み込まれていたため、F1日本グランプリではなく「F1世界選手権イン・ジャパン」と命名された。1977年は晴れて『F1日本グランプリ』として開催されたが、レース中に観客死亡事故が発生。この影響などにより、翌年からF1選手権日本ラウンドの開催は中断し、「日本グランプリ」を冠したレースは10年間行われなかった。
1987年からは鈴鹿サーキットで「フジテレビジョン 日本グランプリ」と題して再び開催されるようになった。日程的にシリーズ終盤に開催[1]されていたため、チャンピオン争いが佳境にあることが多かったことでドラマチックなレースが展開されることが多かった。ハッピーマンデー制度が導入された2000年以降は体育の日を含む三連休中にレースが行われることが多い[2]。
引用元: 日本グランプリ (4輪) – Wikipedia.

マレーシアグランプリ(Malaysia Grand Prix)は1999年からマレーシアのクアラルンプール近郊のセランゴール州セパン(Sepang)にあるセパン・サーキットで行われているF1のグランプリである。
>マレーシアの観光振興策のひとつとして、アジア地域では日本(日本GPとパシフィックGP)に続き2国目のF1誘致に成功し、1999年に初開催された。ヘルマン・ティルケが設計した新設サーキットでは初開催であった。1999年は第15戦、2000年は最終戦と終盤での開催であったが、2001年以降は開幕戦オーストラリアGPに続くシーズン第2戦としての開催が定着している。2006年からチケットの大幅な値下げが行われた。
引用元: マレーシアグランプリ – Wikipedia.

中国グランプリ(ちゅうごくグランプリ、中国GP, 英: Chinese Grand Prix, 中: 中國大獎賽)は、中華人民共和国上海市の上海インターナショナルサーキットで行われているF1レース。
>1990年代以前から珠海国際サーキットを開催地として中国グランプリを実現させるという話はたびたび挙がっており、1998年以降はシーズン前にFIAが発表した暫定カレンダーにおいても珠海における中国グランプリがしばしば名を連ねたが、中国グランプリの初開催は2004年に上海におけるものとなった[1]。
引用元: 中国グランプリ – Wikipedia.

シンガポールグランプリ(シンガポールGP, 英語: Singapore Grand Prix)は、シンガポールで行われる自動車レース。2008年以降はF1世界選手権の1戦として、「マリーナベイ・ストリート・サーキット」で行われている。
>2007年5月、シンガポール政府が2008年からF1シンガポールGPを開催することを発表した[2]。初年度の2008年のレースは、シンガポール最大の通信企業シンガポール・テレコムをタイトル・スポンサーシップに、「シングテル・シンガポール・グランプリ」として9月26日に開幕、決勝は9月28日に開催された。
アジアでのF1グランプリの開催は、1976年から開催されている日本(1977年でいったん中止され、1987年から再開)、パシフィック(1994年と1995年に日本で開催)、マレーシア、バーレーン、中華人民共和国に次いで5カ国目となる。現在ではシンガポール・日本・韓国、インド、アブダビと続く秋のアジアラウンドの緒戦に位置づけられている。
引用元: シンガポールグランプリ – Wikipedia.

韓国グランプリ(かんこくグランプリ、韓国GP、英: Korean Grand Prix、韓: 코리아 그랑프리)は、大韓民国全羅南道・霊岩郡に建設された韓国インターナショナルサーキットにおいて、2010年から2013年まで開催されていたF1世界選手権シリーズの1戦。
>2006年10月に開催が決定。契約は2010年から2016年までの7年間で、5年延長のオプションも含まれるとされた[1][2]。アジアでのF1開催は日本(日本GP・パシフィックGP)、マレーシア、中国、バーレーン、シンガポール、アブダビに続く7カ国目。2012年までは、例年10月の日本GPの翌週に開催されていたが、2013年は日本GPの前週の開催に入れ替わり、2014年は暫定カレンダーで4月開催に変更された後[3]、不採算を理由に開催が中止された。
引用元: 韓国グランプリ – Wikipedia.

F1 DataWeb
引用元: F1 DataWeb : TOP.

フォーミュラ1(Formula One、英語発音: [ˈfɔːrmjulə ˈwʌn] フォーァミュラ・ワン)は、モータースポーツのカテゴリーの1つであり、その世界選手権を指す場合もある。略称はF1(エフ・ワン)。
F1世界選手権 (FIA Formula One World Championship) は、国際自動車連盟 (FIA) が主催する自動車レースの最高峰で、現在は4輪の1人乗りフォーミュラカーで行われている。
引用元: フォーミュラ1 – Wikipedia.