「ヴォルフガング・オベラート」ライバルはネッツァー 1974W杯で活躍した1FCケルンのMF 「ベルティ・フォクツ」ボルシアMG一筋 1974W杯でクライフを完封

144nZPREdSxNV
1FCケルンで活躍
1974年W杯優勝メンバー
中盤のゲームメーカー
ネッツァーとのポジション争い
ヴォルフガング・オベラート(答)
ウーリッヒ・シュティーリケ
パウル・ブライトナー
ベルント・シュスター

あわせてネッツァーの連想も


ドイツのボルシアMGで活躍
ニックネームは「賢人」
1972年欧州選手権の司令塔
オベラートとのライバル関係
ギュンター・ネッツァー(答)

CIMG6172
ボルシアMG一筋でプレー
ポジションはDF
1974年W杯決勝でクライフを完封
元ドイツ代表監督
ユップ・ハインケス
ウーリッヒ・シュティーリケ
ギュンター・ネッツァー
ベルティ・フォクツ(答)

ヴォルフガング・オヴェラート(Wolfgang Overath, 1943年9月29日 – )は、ドイツのサッカー選手。選手時代のポジションはミッドフィールダー。西ドイツ代表として3度のFIFAワールドカップに出場し、地元開催となった1974年大会において優勝の立役者となった[4]。オベラート[4]やオベラーツとも表記される[1]。
>一方、1974年に地元西ドイツで開催された1974 FIFAワールドカップを目前に控え、ネッツァーが体調を崩したことから再びポジションを獲得し[12]、全6試合に出場し1次リーグ初戦のオーストラリア代表戦と2次リーグ第2戦のスウェーデン代表戦で得点を決める活躍を見せ優勝に貢献した[5][10]。決勝のオランダ代表戦を最後にゲルト・ミュラーやユルゲン・グラボウスキと共に代表を引退したが[13]、国際Aマッチ81試合に出場し17得点を記録した[3]。
>1歳年下で同じポジションを務めるギュンター・ネッツァーとはライバル関係と評された[17]。西ドイツ代表監督のヘルムート・シェーンは両者の同時期用を幾度か試みたもののプレーエリアが重なることもあり、共存は難しかったという[18][16][19]。シェーンは「両者を一つのチームでプレーさせることは困難であり誰の得にもならない。チームにとっても当人たちにとってもだ」と評している[11]。一方、オヴェラートは後のインタビューにおいて「ギュンターと私はライバル関係にもかかわらず良い友人だった。彼とはメキシコ大会で親しくなった後も友情を維持し続けている。
引用元: ヴォルフガング・オヴェラート – Wikipedia.

ウリ・シュティーリケ(Uli Stielike, 本名:ウルリッヒ・シュティーリケ, Ulrich Stielike, 1954年11月15日- )は、ドイツのサッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはミッドフィールダー(守備的ミッドフィールダー)、ディフェンダー(リベロ)[6]。1970年代から1980年代にかけてヨーロッパで最も成功を収めたドイツ人選手の一人と評されている[1]。
>ユース時代からリベロを務めていたが[6]、西ドイツ代表や所属クラブでは中盤で起用される機会もあり[33]、1980年代初頭には「ヨーロッパで最高のミッドフィールダーの一人」と評された[34]。また、的確なポジショニングとボディコンタクトで相手の攻撃を封じるとともに[33]、積極的な攻撃参加を得意としていたことからフランツ・ベッケンバウアーに準えられた[33]。その一方で確固たる意志を持ち、容易に妥協することはせず我が道を行く、頑固な性格の持ち主でもある[10]。
引用元: ウリ・シュティーリケ – Wikipedia.

パウル・ブライトナー(Paul Breitner、1951年9月5日 – )は、ドイツ(旧西ドイツ)出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、またはディフェンダー。
>また、出場した2つの異なるワールドカップ決勝でゴールを決めている数少ない選手であり、これを達成した選手はブライトナーを除いてババ、ペレ、ジネディーヌ・ジダンの3選手しかいない。
天然パーマに髭を生やした厳つい風貌、天邪鬼な性格、政治に強い関心を持ち「愛読書は毛沢東語録」と公言する異端さで知られた。
引用元: パウル・ブライトナー – Wikipedia.

ベルント・シュスター(Bernd Schuster、1959年12月22日 – )は、ドイツ・アウクスブルク出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはMF(攻撃的MF)、DF(リベロ)。
>ドイツ人選手としては珍しいファンタジスタタイプで、その華麗なプレースタイルからブロンダー・エンゲル(Blonde Engel、金髪の天使)の異名を持った。特に繊細なボールタッチから繰り出される正確無比なパスは、70年代の西ドイツの名プレーメーカー、ギュンター・ネッツァーが誇った「センチメーターパス」を彷彿とさせると言われていた。
引用元: ベルント・シュスター – Wikipedia.