パネンカ 元チェコ選手に由来するPK戦でのチップキック ふわりとしたシュート

318OVXVEAAYDo
サッカーのPKにおいて
ふわりと浮かせて蹴るキックを
元チェコスロバキア代表選手の
名前を取って何という?
ベカロンニ
ドパメネリ
→パネンカ

アントニーン・パネンカ(Antonín Panenka、1948年12月2日 – )は、チェコ(当時チェコスロバキア)、プラハ出身のサッカー選手。UEFA欧州選手権1976決勝のPK戦で印象的なチップキックを決め、チェコスロバキア代表を優勝に導いたことで知られる。この成功により彼の名(パネンカ)はPKにおけるチップキックの代名詞となった[2]。
>パネンカの名を世界的に知らしめたのは、1976年欧州選手権決勝のPK戦である。
>それまで全てのキッカーがPKを成功させる中、西ドイツの第4キッカーウリ・ヘーネスが蹴ったボールはバーの上方へと外れる。これでスコアは4-3となり、第5キッカーのパネンカが成功させた時点でチェコスロバキアの優勝が決まる状況になった。長い助走をとったパネンカは、西ドイツのGKゼップ・マイヤーが先に動くのを待って緩やかな放物線を描くボールをゴール中央に蹴りこみ、チームを優勝に導いた[3]。
引用元: アントニーン・パネンカ – Wikipedia