「トンパチ」相撲やプロレスで風変わり・破天荒な人 「トンボの鉢巻」から

300ohKeePtbxW
相撲やプロレスの隠語で
普通の人がしないようなことを
平気でおこなう風変わりな人を
特に何という?
キチンタバ
ヘトパイレ
トンパチ(答)

トンパチ
読み方:とんぱち

見さかいない、目先の見えない人。「とんぼのはちまき」を略した言葉。
引用元: トンパチとは – 隠語辞典 Weblio辞書.

蜻蛉の鉢巻
読み方:とんぼのはちまき

で……目さきが見えぬ。(先見の明のないにいふ)。〔旧隠語〕
〔隠〕目さきが見えぬこと。先見の明のないこと。
目先が見えぬこと(先見の明のないこと)、とんぼに鉢巻をすると全く眼がかくれてしまうことから出た語。
引用元: 蜻蛉の鉢巻とは – 隠語辞典 Weblio辞書.

プロレスの魅力はなんといっても、ハチャメチャで破天荒なプロレスラーたち。プロレス界では彼らのことを“トンパチ”と呼ぶ。ここで、永遠に語り継がれるべき代表的な3人の“トンパチ”たちの、仰天エピソードをお届けしよう。
>橋本真也
ファンの誰からも愛された“破壊王”は、マット界最強のトンパチとしても有名だった。
エアガンで若手レスラーやマスコミを撃ったりするのは朝飯前。撃ち落としたスズメを付き人の天山広吉(てんざんひろよし)に食べさせたり、虫が苦手な後輩・小島聡の部屋にセミの死骸を200匹もバラまいたりと、イタズラは日常茶飯事だった。
引用元: 酒乱、イタズラ、マジ喧嘩…リング外でも大騒動。プロレスラー豪傑列伝! – エキサイトニュース(1/2).