「岡本綾子」ソフトボールで国体優勝経験あり

095hVVHniXKyG
1971年に国体のソフトボールで
大和紡績福井の中心選手として
優勝をはたしたという
女性プロゴルファーは?
森口祐子
岡本綾子(答)
服部道子
塩谷育代

岡本 綾子(おかもと あやこ、1951年4月2日 – )は、広島県豊田郡安芸津町(現:東広島市)出身の女子プロゴルファー[1]。樋口久子らと共に日本女子ゴルフの基盤を築いた名選手である[2][3][4]。日本の女子選手で初めて本格的にアメリカLPGAツアーに参戦した選手としても知られる。現在は広島県東広島市在住[1]。
日本女子ゴルフツアーで44勝、アメリカLPGAツアーで17勝[5]。日本ツアーの永久シード権を獲得しているほか、1987年には、アメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王になった[5][6][7]。
>ソフトボール[編集]
ソフトボールの強豪・愛媛県今治明徳高校に特待生として進学[11]。同高校卒業後、ソフトボール部を創部した大和紡績福井工場(1995年9月閉鎖)に就職[12]。サウスポーの剛球エース兼4番として1971年、和歌山国体で優勝[13]。国体優勝の褒美で、祝勝ハワイ旅行で初めて子供の頃から憧れたアメリカの土を踏む[14]。ここでゴルフ場を見学したのがきっかけでゴルフと出合う[5]。ゴルフを始めた動機は「アメリカに行けるかも知れない」というものだった[15]。
引用元: 岡本綾子 – Wikipedia.

森口 祐子(もりぐち ゆうこ、本名関谷 祐子(※”森口”は旧姓)1955年4月13日 – )は、日本の女子プロゴルファー。日本女子プロゴルフ協会会員。
富山県富山市出身。最終学歴富山県立富山女子高等学校卒業。公称身長160センチ、血液型A型。現在岐阜県瑞穂市在住。
>1975年にLPGA入会。1977年に未勝利ながらも賞金ランキング5位となり、同年日本プロスポーツ新人賞を受賞。翌1978年、ワールドレディスゴルフトーナメントでプロ初優勝を果たすと、日本女子プロゴルフ選手権大会を含む3勝をあげ、賞金ランキング3位となる。その後もコンスタントに勝ち星を積み上げていき、1981年、1982年、1991年には賞金ランキング2位となり(それぞれ岡本綾子、涂阿玉が賞金女王)一時代を築く。
引用元: 森口祐子 – Wikipedia.

服部 道子(はっとり みちこ、1968年9月8日 – )は、愛知県日進市出身の女子プロゴルファー。身長168cm、体重59kg。血液型B型。
>小学校4年の時に祖父の勧めでゴルフを始める。
愛知淑徳高校1年だった1984年、当時史上最年少の15歳9ヶ月で日本女子アマ優勝(1985年、1988年にも日本女子アマ優勝)。さらに1985年の全米女子アマで当時史上最年少、日本人としては初の優勝。これがきっかけで同年の『第36回NHK紅白歌合戦』に中部地方代表の地方審査員で出演。高校卒業後はアメリカ・テキサス大学オースティン校に留学。
1991年に帰国し、同年のプロテストにトップで合格。
1993年、ミズノオープンレディスゴルフトーナメントでツアー初優勝。
1998年には年間5勝を挙げて賞金女王に輝く。同年の『第49回NHK紅白歌合戦』では特別審査員を務めた。
引用元: 服部道子 – Wikipedia.

塩谷育代(しおたに いくよ、1962年5月28日 – )は愛知県名古屋市出身の女子プロゴルファー。名古屋市立桜台高校卒。伊藤園所属。ツアー通算20勝、二児の母。
>2003年9月のフジサンケイレディスクラシックでツアー通算20勝を達成。
引用元: 塩谷育代 – Wikipedia.