「カール・ゴッチ杯」優勝者 藤波辰爾 藤原喜明 魁 勝司(かい しょうじ)

316ShdQvljRmz
次のうち、新日本プロレスで
行われた「カール・ゴッチ杯」
で優勝したことがあるレスラーを
全て選びなさい
魁勝司(答) かいしょうじ
木村健悟
藤波辰爾(答)
藤原喜明(答)

ヤングライオン杯争奪リーグ戦(ヤングライオンはいそうだつリーグせん)は、新日本プロレスが主催するシングルマッチによるリーグ戦。同団体の若手選手を中心とした大会。ヤングライオンは、新日本プロレスに所属する若手選手の通称であり、新日本プロレスのシンボルマークであるライオンにちなむ。なお本リーグ戦とは別に勝ち抜き形式のヤングライオン・トーナメントが開催されたこともある。また本リーグ戦開催以前に行われていたカール・ゴッチ杯争奪リーグ戦が前身的なものとなる。
>カール・ゴッチ杯争奪リーグ戦(カール・ゴッチはいそうだつリーグせん)は、前述の通り、ヤングライオン杯争奪リーグ戦の前身的なものとして開催されていた。以下は歴代の優勝者を記述する。
回次 優勝者 準優勝者 開催日
第1回 藤波辰巳 小沢正志 1974年10月25日 – 12月8日
第2回 藤原喜明 木村たかし 1975年10月27日 – 12月7日
第3回 魁勝司 木村聖裔 1976年10月29日 – 12月7日
引用元: ヤングライオン杯争奪リーグ戦 – Wikipedia.

藤波 辰爾(ふじなみ たつみ、男性、1953年12月28日 – )は、日本のプロレスラー。本名・旧リングネーム:藤波 辰巳(読み同じ)。大分県出身。血液型はO型。ニックネームは「ドラゴン」もしくは「ドラゴン藤波」。第77代NWA世界ヘビー級王者。海外武者修行時はリングネームをドラゴン・フジナミ、ドクター・フジナミ(ドクトル・フヒナミ[1])、リング・フヒナミとしていた[2]。
座右の銘はアメリカ修行時代にランニングコースで知り合った日系老人から教わった「Never Give Up」。ちなみに、当時のリングネームのドラゴン・フジナミもその老人から考えてもらったという
引用元: 藤波辰爾 – Wikipedia.

藤原 喜明(ふじわら よしあき、男性、1949年4月27日 – )は、日本のプロレスラー。学校法人日本医科学総合学院理事長。同学校法人は文部科学省認可の専修学校朋友柔道整復専門学校を運営している。
プロレスラー以外に俳優、声優、タレント、イラストレーター、陶芸家、エッセイストとして活躍している。関節技の鬼という異名をとり「藤原組長」の愛称で親しまれている。
引用元: 藤原喜明 – Wikipedia.

北沢 幹之(きたざわ もとゆき、1942年2月15日 -)は、日本の元プロレスラー、レフェリー。
現役時代は魁 勝司(かい しょうじ)というリングネームで活躍した。
引用元: 北沢幹之 – Wikipedia.