「世界卓球選手権優勝」佐藤博治(ひろじ) 荻村伊智朗 田中利明 長谷川信彦 伊藤繁雄 河野満こうのみつる

312VRNGPRnWuK
次のうち
世界選手権で優勝した経験がある
卓球選手を全て選びなさい
斎藤清
前原正浩
長谷川信彦(答)
河野満(答)

世界卓球選手権(せかいたっきゅうせんしゅけん)は、卓球の国際大会の1つ。
>国際卓球連盟の主催する最も権威ある卓球の国際大会であって、第1回大会は1926年にロンドンにおいて開催された。途中第二次世界大戦による1940年から1946年にかけての中断があった。1957年の第24回ストックホルム大会以前は原則毎年開催されていたが、それ以降は、2年おきに実施されている。
>男子シングルス[編集]
回 年 開催地 優勝 2位 3位
>19 1952 ボンベイ 佐藤博治 ヨージェフ・コチアン René Roothooft
Guy Amouretti
>21 1954 ウェンブリー 荻村伊智朗 フリスベリ リチャード・バーグマン
イヴァン・アンドレアディス
>22 1955 ユトレヒト 田中利明 ドリナー フェレンツ・シド
カフィエロ
>23 1956 東京 荻村伊智朗 田中利明 野平明雄
富田芳雄
>24 1957 ストックホルム 田中利明 荻村伊智朗 イヴァン・アンドレアディス
ハインツ・シュナイダー
>29 1967 ストックホルム 長谷川信彦 河野満 木村興治
エベルハルト・シェラー
>30 1969 ミュンヘン 伊藤繁雄 エベルハルト・シェラー 田阪登紀夫
笠井賢二
>34 1977 バーミンガム 河野満 郭躍華 梁丈亮
黄亮
>35 1979 平壌 小野誠治 郭躍華 梁丈亮
李振持
引用元: 世界卓球選手権 – Wikipedia.

佐藤博治(さとう ひろじ 1925年2月3日-2000年6月4日)は日本の卓球選手。青森県出身。8段[1]。
>世界的に無名だった1952年の世界卓球選手権ボンベイ大会で優勝、世界に衝撃を与えた[6][7]。この年、朝日スポーツ賞を受賞した[8]。
引用元: 佐藤博治 – Wikipedia.

荻村 伊智朗(おぎむら いちろう、1932年6月25日 – 1994年12月4日)は日本の卓球選手。第3代国際卓球連盟会長。
>1954年のイギリスウェンブリー及び1956年の東京で行われた世界卓球選手権で優勝した。シングルス・ダブルス・混合ダブルス・団体あわせて12のタイトルを獲得。引退後、スウェーデンへの指導など国際的な卓球の普及に努めた。『卓球はチェスをしながら100m走をするようなもの』という言葉を残す。これにジャン=フィリップ・ガシアン(フランス)は共感した。
引用元: 荻村伊智朗 – Wikipedia.

田中 利明(たなか としあき、1935年2月24日 – 1998年2月6日)は日本の卓球選手。北海道出身。
世界卓球選手権では、1955年から3年連続決勝に進出し、1955年および1957年に世界チャンピオンとなった[1]。また荻村伊智朗らとともに、1954年から、世界卓球選手権男子団体3連覇に貢献した[2]。男子シングルスでは、1955年、ドリナーをわずか15分で破り初優勝[3]、1956年は決勝で荻村に敗れたが、1957年は決勝で荻村を破り2度目の優勝を果たした。
引用元: 田中利明 – Wikipedia.

長谷川信彦(はせがわ のぶひこ、1947年3月5日 – 2005年11月7日)は日本の卓球選手。愛知県瀬戸市に生まれ、最初はペンホルダーグリップの選手としてスタートした。ペンホルダー時代はあまり成功しなかったため、1963年、当時日本ではまだ珍しかったシェークハンドグリップに転向し、これをきっかけに躍進。名古屋電気工業高校時代の1964年には全国高等学校卓球選手権大会男子複に優勝。愛知工業大学に進学した翌1965年には、史上最年少の18歳9ヵ月で全日本卓球選手権大会男子単を制した。全日本選手権男子単では総計6度の優勝に輝き、これは斎藤清(8回)につぐ歴代2位の記録である。
>1967年 – 世界卓球選手権ストックホルム大会男子単優勝、同男子団体優勝、同混合複優勝(山中教子と)、アジア選手権大会男子単優勝
引用元: 長谷川信彦 – Wikipedia.

伊藤繁雄(いとう しげお、1945年1月21日 – )は、日本の山口県周南市生まれの卓球選手。専修大学卒業。1969年の世界選手権で男子シングルス、男子団体優勝の2冠に輝いた。生まれつき左利きであるが、現役を引退するまで、右手でラケットを打ち続けた。現在は、小中学生対象の講習会に参加し選手育成に努めている。
>1971年 世界卓球選手権シングルス準優勝、ダブルス ベスト8、団体準優勝
引用元: 伊藤繁雄 – Wikipedia.

河野 満(こうの みつる 1946年8月13日- )は、日本の元卓球選手。1977年開催の第34回世界卓球選手権バーミンガム大会で優勝した、元世界チャンピオンでもある。青森県十和田市出身[1]。
現在は青森大学卓球部監督。
>1975年の第33回世界卓球選手権カルカッタ大会では、イストバン・ヨニエルに準決勝で敗れた。1977年の第34回世界卓球選手権バーミンガム大会に出場、男子シングルス決勝で郭躍華(中国)を3-1で倒して優勝し、世界チャンピオンになった。男子シングルスでの日本選手優勝は、第30回世界卓球選手権での伊藤繁雄以来であった[2]。
引用元: 河野満 – Wikipedia.