桜庭和志とグレイシー一族 「ホイラー」「ホイス」「ヘンゾ」「ハイアン」「ハレック」 ゴロ「ホイホイ変に入って腫れる』

019KNOeROYrWo
次のグレイシー一族の格闘家の
桜庭和志と闘った順に選びなさい
ホイラー・グレイシー Royler Gracie
ホイス・グレイシー Royce Gracie
ヘンゾ・グレイシー Renzo Gracie
ハイアン・グレイシー Ryan Gracie
ハレック・グレイシー Ralek Gracie

いい打撃が「ホイホイ変に入って腫れる」
ホイラーとホイスが選択肢でかぶったらアンラッキー

CIMG2356oPdnRnKKZNEn
次のグレイシー一族の
格闘家のうち、桜庭和志と
闘ったことがあるものを
全て選びなさい
ホイス(答)
ハレック
ダニエル

ホイラー(答)
ヘンゾ(答)
ハイアン(答)
ヒクソン
ホリオン

櫻庭 和志(さくらば かずし、男性、1969年7月14日 – )は、日本のプロレスラー、総合格闘家。秋田県南秋田郡昭和町(現:潟上市)出身。株式会社39代表取締役。3児(男の子3人)の父。新聞などでは常用漢字外の文字の使用には制約があるため、桜庭和志と表記されることが多く、著書などでも桜庭の表記が一般的である。マネージメントはハイタイド。
>総合格闘技の試合では滅多に見られないような変則技を繰り出して対戦相手を翻弄することから「IQレスラー」と呼ばれ、人気を博した。また、様々な総合格闘家が苦杯をなめてきたグレイシー一族に対し何度も勝利したことから「グレイシー・ハンター」との異名もとる。
>1999年11月21日のPRIDE.8ではメインイベントに登場し、当時不敗神話を誇っていたグレイシー一族の一人、ホイラー・グレイシーとの対戦。1Rから15kgの体重差を生かしてホイラーのタックルを切り続けた桜庭は猪木アリ状態からのローキックでダメージを与えていく。2Rも優勢は変わらず、引き込んだホイラーにハーフガードからチキンウィングアームロックを極めた。ホイラーはタップせず、セコンドのヒクソン・グレイシーもタオルを投げなかったため、島田レフェリーが試合をストップした。ホイラー陣営は猛抗議するものの裁定は覆らず、桜庭はマイクアピールで「あそこからどうやって逃げたのか知りたいです。次はお兄さん僕と勝負してください!」とヒクソンに対戦を要求した。
>2000年1月、桜庭は「PRIDE GP 2000」に出場する。ガイ・メッツァーの試合放棄という幕切れで1回戦を突破すると、5月の決勝大会ではホイス・グレイシーとの対戦が決定した。ホイラー戦での裁定に不満を持つホイスはルール変更を要求[3]、桜庭も受諾し、15分無制限ラウンド・レフェリーストップおよび判定無しで行われることになった。試合は1時間を超す長丁場となったが、桜庭はホイスの道衣を脱がせようとするなどして翻弄。桜庭がホイスの左足にローを蹴り続けたダメージで7R開始直前にホリオンがタオルを投入し、桜庭の勝利で実に90分に及ぶ死闘に終止符が打たれた。その後準決勝に進出するものの消耗が激しく、イゴール・ボブチャンチン戦では中盤から劣勢を強いられた。1R終了後の判定ではドローとなったものの、桜庭陣営がレフェリーにタオルを投入し、TKO負けとなった。
>2000年8月27日、PRIDE.10でヘンゾ・グレイシーと対戦。バックを捕られるもアームロックでヘンゾの左腕を脱臼させTKO勝ち。12月23日のハイアン・グレイシー戦ではハイアンが直前に怪我した為、試合時間が10分1Rに変更された。試合は桜庭が終始優位に立って判定勝ちを収めた。
>ホイラー、ホイス、ヘンゾ、ハイアンらグレイシー一族相手に4連勝を果たし、「グレイシー・ハンター」の異名を取った。
>2010年5月29日、ケージ開催となったDREAM.14でハレック・グレイシーと対戦し、0-3の判定負け。
引用元: 桜庭和志 – Wikipedia.