漫画『島耕作』女性遍歴 岩田玲子 馬島典子 鈴鴨かつ子 大町久美子 大町愛子 片桐久子 八ッ橋新子 神奈川恵子「今も好きなお方ってやつかな」

042bLnRtVdeDA
次の漫画『島耕作』シリーズに
登場する女性を、島耕作が
出会った順に選びなさい
岩田玲子
馬島典子
鈴鴨かつ子
大町久美子
大町愛子

片桐久子
八ッ橋新子
神奈川恵子

「今も好きなお方ってやつかな」

『課長島耕作』(かちょうしまこうさく)は、弘兼憲史による日本の漫画。『モーニング』(講談社)にて、1983年から1992年まで掲載された。
シリーズ作品に『部長――』『取締役――』『常務――』『専務――』『社長――』『会長――』『ヤング――』『係長――』『学生――』(『ヤング』『係長』『学生』の掲載誌は『イブニング』)があり、これらも全て本項で取り上げる。島耕作シリーズのコミックス累計発行部数は約4,000万部に達する[1]。
引用元: 課長島耕作 – Wikipedia.

登場人物相関図
引用元: 登場人物紹介 | 課長 島耕作検定.

岩田 怜子(いわた れいこ)
島の元妻で奈美の母。耕作と離婚する前の姓は「島 怜子(しま れいこ)」。福島県会津若松市出身で白虎隊の家系。
耕作とは同じ大学の同じサークルで先輩と後輩の間柄。島が主任時代に半ばだまし討ちの形で強引に結婚。
そのため初登場時にはすでに夫婦の仲が冷めており、耕作のアメリカ赴任をきっかけに別居、その後離婚する。離婚前から広告代理店「電報堂」の社員であった奥本と交際していた。
部長編では「高瀬 怜子(たかせ れいこ)」となっている。

>馬島 典子(まじま のりこ)
初登場時は銀座のスナック「クレオパトラ」でホステスとして勤務していた。決まり文句は「私は銀座の女よ」。「馬場典子」と記載されている箇所もある。
大泉裕介のことを「裕介ちゃん」と呼び愛人関係を続ける一方、島にも好意を抱き肉体関係を持っていた。のちに大泉の知るところとなるが、大泉との愛人関係は従前通り続いた。大泉から店を持たせる話を持ちかけられていたが、島との関係が発覚し一度は流れたものの、大泉が資金を出し銀座に「のんのん」を開店、ママとなる。その後は店を離れ、晩年にかけては「内縁の妻」として北鎌倉の別邸で同居しながら身の回りの世話をこなし、大泉の最期も看取った。社葬では葬儀委員長の万亀に促され、「事実上の喪主」として先頭で位牌を手にした。

>大町 久美子(おおまち くみこ) → 島 久美子(しま くみこ)
島の妻。1967年8月8日生まれ。吉原初太郎と大町愛子の間に生まれた娘。島が京都から本社へ戻されショールーム課長に就任した際、短大卒の新入社員として初登場(当時20歳)。島の部署に配属された。英語が堪能であり、初芝電産退社後も島のブレーンとして活躍した。
初登場時は竹綱博之と交際中であったが、島と運命的に出会い、恋に落ちる。島との肉体関係は長らく「結婚を前提としない真面目なお付き合い」としながらも「永遠の恋人」として結びついてきた。45歳の夏に癌の手術を受け、その後島と結婚。

>大町 愛子(おおまち あいこ)
島久美子の母。1946年生まれ。吉原初太郎の愛人。元芸者で、身請けされた。吉原の遺産として初芝電産の株を多数譲り受け、個人としては大泉笙子に次ぐ大株主。久美子よりもさらに大胆な人物で、さまざまな思惑から島を誘惑したが、一度も肉体関係には到っていない。
課長編で娘の久美子を社交界へデビューさせるべく島と別れさせ見合いをさせるが、結納の当日にキャンセルして島のもとへ戻った久美子をみて、交際を認めるようになる。

>鈴鴨 かつ子(すずかも かつこ)
島が京都に赴任していたときに付き合っていた女性(その当時の部下の実姉)。元芸妓だったが、引退後祇園で小料理屋を営んでいたときに島と知り合った。初芝が寄贈する「京都フェスティバルホール」の緞帳を島が手がけていた際、手描き友禅の大家である松本瑞鶴に依頼するも断られたが、自らの身体を松本に差し出して承諾を取る。しかし、皮肉にもこの実績が社内で評価され、島が本社に戻ることとなり別れた。

>片桐 久子(かたぎり ひさこ)
初登場は部長編第2巻で、新宿ゴールデン街のスナック「CHACO」のママだった。通称は「チャコママ」、または「女狐」。
課長編で島が中沢の社長就任を説得した際に訪れた店で、当時は母親が経営する一杯飲み屋だった。母の死後に店を引き継ぎ、名前はそのままにワインバーへリニューアルした。
若い頃にロンドンへ渡り、そこで知り合ったワイン評論家のロバート・ベイカーと恋仲になる。ワインの知識もそのときに習得し、日本へ戻ってきた。島にも好意を寄せ、取締役編で肉体関係に発展した。島が初芝電産貿易に出向した後は中沢相談役と愛人関係になるが、中沢の死後に新宿の店を閉め再びロンドンに渡り、島が買い付けたワインをロバートに紹介するなど協力する。

>八ッ橋 新子(やつはし しんこ)
島がサンライトレコード専務として出向時に担当した演歌歌手。兵庫県出身。年増の女性としては珍しく島と肉体関係を持ち、その相性の良さは島に「感動しました」と言わしめたほど。
島と出会った当時は「落ち目の元大物演歌歌手」だったが、起死回生を狙って三枚目路線に転向、1999年11月に発売した新曲の『東京タワータンゴ』が大ヒットして復活したものの、出場が決定した紅白歌合戦に向けてレッスンを続けるさなかに癌が発見される。既に全身に転移しており手術も焼け石に水の状態であったため、周囲が真実を隠そうとするなか島に直接問いただし、告知を受ける。

>神奈川 恵子(かながわ けいこ)
社長編から登場した島社長付秘書の一人。初登場時は26歳。実家は老舗の佃煮屋。特技は歌って踊ること、先輩社員をヘコませること。体重は45kg。
空手の有段者でヌンチャクが得意であり、夫の仕事中でもたびたび携帯を鳴らしたり仕事場にまで押しかけて家事を押し付ける白鳥冬彦秘書室長の妻を頭脳プレーで倒した。
かつて外務省に勤務しておりロシア語が堪能なため、外務省への訪問やロシア出張にも同行している。
モデルは中川翔子で、中川がかねてより本作のファンだったことから生まれたキャラクター。
引用元: 課長島耕作の登場人物 – Wikipedia.