「ミレーヌ」・ホフマン『009ノ1』の主人公

124GAHzZFvCQL
125AxNZoLfTWi
石ノ森章太郎の代表作
『サイボーグ009』の主人公・
009の本名は島村ジョーですが

『009ノ1』の主人公009ノ1の
本名は◯◯◯◯・ホフマン?
◯を答えなさい
ミレーヌ
「ミレーヌ・ホフマン」

『009ノ1』(ゼロゼロクノイチ)は、石ノ森章太郎(当時、石森章太郎)作による、日本の萬画作品。初出は『漫画アクション』1967年8月10日号から1970年3月5日号、1974年11月14日号に連載された。石ノ森が初めて青年向け漫画雑誌に連載した作品で、自身の作品『サイボーグ009』のアダルト版とも言える。
>009ノ1[編集]
主人公。本名ミレーヌ・ホフマン。2065年生まれの21歳。性別は女性。身長161cm、体重52kg。血液型はAB型。その身体はサイボーグ化されており、様々な特殊能力を持つ。幼い頃、ウエストブロックとイーストブロックの戦闘に巻き込まれたため両親は死亡、弟ポールは行方不明。本人はウエストブロックの兵士に拾われ、ウエストブロックの諜報部員となった。両親を殺したのがどちらの兵士かわからないことが原因で、深層心理では敵を心から憎むことができないという弱点がある。
引用元: 009ノ1 – Wikipedia.

ミレーヌ・ホフマンとは、「009-1」のキャラクターである。
>CV:釈由美子

ウエストブロック女性秘密諜報員009-1で、サイボーグ化されたその身体には、常人を遥かに凌駕した能力を発揮できる様々な機能が搭載されている。液体金属を瞬時に弾丸化して乳首から発射するマシンガンを両乳房に内蔵している。両親はイーストブロックから亡命しようとして死亡し、弟ポールは行方不明となった。
引用元: ミレーヌ・ホフマン (みれーぬほふまん)とは【ピクシブ百科事典】.