「天人」あまんと 『銀魂』に登場する異星人

042tmbpvIptbb
漫画『銀魂』で地球を襲った
異星人たちの名前です
天人
あまんと

『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号より連載中。
>作者の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。単行本は2015年1月現在、57巻まで刊行。
>連載初期の頃は「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人が多数登場していたが、連載が長期化するにつれてレギュラーキャラ以外の天人が出てくる事は少なくなった。また当初は地球人とは外見が大きく異なる天人も多かったが、現在は地球人とあまり変わらない外見の天人がほとんどになった。
>江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍、攘夷志士が天人との戦いに参加した。しかし、天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして、幕府は天人による傀儡政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方、国や主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、他の侍達もその多くが廃刀令により刀を失い、戦う気力を失っていた。
天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りの志村新八は、剣術を生かす道もなく、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った男、その名も坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽や巨大犬の定春などが転がり込んでくる。
引用元: 銀魂 – Wikipedia.