「バキンラカン」帝国 『ファイブスター物語』シーラが治める国

082CrAdqgMAGo
漫画『ファイブスター物語』で
若き女帝カンパー・ラ・シーラが
治めるアドラー星にある国は?
国帝ラカキンンバ
バキンラカン帝国

『ファイブスター物語』(ファイブ・スター・ストーリーズ、英字表記:The Five Star Stories、略称:FSS)は、永野護による日本の漫画作品。ジャンルはSF(サイエンス・フィクション)に分類されるが、永野自身は「おとぎ話」であると公言しており、欧米で言うサイエンス・ファンタジーにあたる。角川書店発行のアニメ雑誌『月刊ニュータイプ』1986年4月号から、休載を何度か挟んで連載されている。また、1989年には第1話を基にした劇場用アニメーション映画が作られている。今までに単行本を累計850万部売り上げている。
>4つの恒星で構成されている「ジョーカー太陽星団」が物語の舞台となっている。科学文明がその頂点を極め緩やかに衰退を始めている世界で、光の神・天照(アマテラス)とその妻である人工生命体ファティマ・ラキシス、そしてファティマと共に最強の戦闘兵器(旧設定ではモーターヘッド (MH)、新設定ではゴティックメード(GTM))を駆る戦闘人間ヘッドライナー(騎士)たちの、数千年に及ぶ光と影の歴史が描かれていく。
引用元: ファイブスター物語 – Wikipedia.

カンパー・ラ・シーラ
バキンラカン帝国現聖帝。魔導大戦にあたり、ママドア・ユーゾッタから参戦を進言されるが、中立を国是としているため一度は出兵を拒否する。しかし前聖帝ミマスから、国家を背負うことの意味と戦に出る騎士を見守ることを諭され出兵を許可する。
引用元: ファイブスター物語の登場人物 – Wikipedia.

アドラー星のロマン大陸を中心とした神聖帝国。星団で第4位の戦力を持つ大国である。騎士の力を瞬時に見抜く能力を有する聖帝を国首とする国家である。アドラー星は新興国家が多いが、このバキンラカンも星団史始まって以降の建国。首都はラッカ。
引用元: FSS小事典バキンラカン.