「テリコ」・フリードマン『メタルギアアシッド』の登場人物

310tgxeFgZNqw
ゲーム『メタルギアアシッド』に
登場する、アメリカ人と
日本人のハーフの女性兵士は?
テミエ
マネオ
キリサ
→テリコ

『メタルギアアシッド』 (METAL GEAR AC!D、略称: MGA) は、2004年12月16日に発売されたPlayStation Portable用ゲームソフト。「メタルギアシリーズ」の外伝的作品の1つ。
>テリコ・フリードマン
HRT潜入部隊の唯一の生存者である女性兵士。ハーフだが、日本名が「照子(てるこ)」である事にコンプレックスを持っていた。しかし、HRTに入るときに、事務員が間違って「TELIKO」としてデータを作成してしまい、それを本人がこれ幸いと訂正しなかった為に「テリコ」という名になってしまった。因みに祖母の名前は「亀」というらしい。かなり勝ち気な性格で、スネークからは「自意識過剰気味な御婦人(レディー)」と呼ばれる。
引用元: メタルギアアシッド – Wikipedia.

『メタルギアアシッド』におけるもう1人のプレイヤーキャラ。

アメリカ人と日本人のハーフで、本名は「照子・フリードマン」。
本来は「テルコ」なのだが本人はどうもこの名前を嫌がっていたらしく、登録の際に「TELIKO」と間違われたのをいいことにそのままにしてある。

本来の彼女が登場するのは作品中盤以降で、序盤スネークと共に行動しているのは、テリコに化けた変装魔「ラ・クラウン」である。
ちなみに、このラ・クラウンこそが彼女の父親であるコリン・フリードマンを暗殺した犯人だった。
引用元: テリコ・フリードマン (てりこふりいどまん)とは【ピクシブ百科事典】.