『爆走兄弟レッツ&ゴー』星馬豪使用マシン「マグナムセイバー」「ビクトリーマグナム」「サイクロンマグナム」「ビートマグナム」 「青木たかお」『爆転シュートベイブレード』

032seIAArpPpQ
次のミニ四駆を
アニメ『爆走兄弟レッツ&
ゴー!!』で、星馬豪が使用した
順に選びなさい
マグナムセイバー
ビクトリーマグナム
サイクロンマグナム
ビートマグナム

CIMG4221CcmnIgPQhFyx
アニメ化もされた『爆転シュート
ベイブレード』などで知られる
「コロコロコミック」で活躍した
漫画家は?
坂丘たもと
玉山のかし
内木さぼお
→青木たかお


『ザ・ウルトラマン』『リトル巨人くん』などの作品で知られる「コロコロコミック」で活躍した漫画家は?
→内山まもる

マグナムセイバーとは、漫画及びアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の主人公「星馬豪」が使用したミニ四駆であり、フルカウルミニ四駆シリーズ第1弾である。

ここでは後継機のビクトリーマグナム、サイクロンマグナム、ビートマグナム、ライトニングマグナム、バイソンマグナム、そしてアニメで代用マシンとして登場したマグナム600とコロコロアニキの読み切りに登場するZウイングマグナムも記す。
引用元: マグナムセイバーとは (マグナムセイバーとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(ばくそうきょうだいレッツエンドゴー!![1])は『月刊コロコロコミック』にて掲載されたこしたてつひろ作のミニ四駆漫画およびそれを基にしたアニメ作品。ミニ四駆、アニメ、映画、ゲーム、CD、トレーディングカード、シールなど、様々なメディアミックスを展開した。
>第1シリーズは星馬烈(せいば れつ)、星馬豪(せいば ごう)の星馬兄弟が、ミニ四駆の研究者、土屋博士から譲り受けたセイバーというマシンを育て上げ、様々なミニ四レーサー達と競い合うという内容である。「国内編」「GJC(グレートジャパンカップ)編」「大神編」または「無印」(タイトルの後にシリーズ名が付かないため)と呼ばれる。
引用元: 爆走兄弟レッツ&ゴー!! – Wikipedia.

マグナムセイバー(Magnum Saber)
土屋博士によって開発された「セイバー」シリーズの1台。マグナムシリーズの初代を飾るマシンであり、前後のタイヤをカバーするフルカウルボディを採用したフルカウルミニ四駆シリーズ第1弾。
>ビクトリーマグナム(Victory Magnum)
マグナムセイバーのデータを基に土屋博士が新たに開発した2代目マグナム。空力性能や重心が大幅に強化されており、スピード重視の性能を考慮して、リヤウイングは小型化されており、ストレート走行重視であるマグナムの名を受け継ぐに相応しいマシンとなった。
>サイクロンマグナム(Cyclone Magnum)
3代目マグナム。原作ではブロッケンGのハンマーGクラッシュにより粉砕されたビクトリーマグナムのカウルの破片を、その場でZMC入りパテでパズルのように組み合わせ、最期に余分なパテを発電施設の高熱蒸気で溶かして削り取る形で修復・改造した即席マシン。
>ビートマグナム(Beat Magnum)
大破してしまったサイクロンマグナムのデータを基に新たに開発された4代目マグナム。アニメでは前述の「サイクロン・トライ・コブラ・エボリューション・ハリケーン・マグナム」をベースに、各自でアイデアを出し合う形で開発された。
引用元: 爆走兄弟レッツ&ゴー!!の登場マシン – Wikipedia.

『爆転シュート ベイブレード』[1](ばくてんシュート ベイブレード)は、「月刊コロコロコミック」で1999年9月号から2004年7月号まで連載、及び「別冊コロコロコミック」で2001年8月号から2004年2月号まで連載されていた外伝「ベイブレード大地」を含む漫画。作者は青木たかお。単行本は全14巻。
子供向け玩具「爆転シュート ベイブレード」のメディアタイアップ作品。
引用元: 爆転シュート ベイブレード (漫画) – Wikipedia.