『帰ってきたウルトラマン』題名と怪獣「怪獣総進撃」アーストロン「怪獣使いと少年」ムルチ「許されざる命」レオゴン 脚本家「上原正三」

042ePlidDhYeW
次の特撮番組『帰ってきた
ウルトラマン』のサブタイトルを
その回に登場した怪獣の
正しい組み合わせを選びなさい
怪獣使いと少年───ムルチ
怪獣総進撃───アーストロン
許されざるいのち───レオゴン

連想
沖縄出身の脚本家
『ウルトラQ』でデビュー
『帰ってきたウルトラマン』
戦隊やメタルヒーローも手がける
→上原正三
うえはらしょうぞう

『帰ってきたウルトラマン』(かえってきたウルトラマン)は、1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日にTBS系で、毎週金曜19:00 – 19:30に全51話が放送された特撮テレビ番組。
怪獣と戦う防衛チーム・MAT(マット)や、巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描く。
>話数 サブタイトル 登場怪獣・宇宙人・ゲストウルトラマン 脚本 監督
>1 怪獣総進撃 タッコング アーストロン
ザザーン 上原正三 本多猪四郎
>33 怪獣使いと少年 ムルチ メイツ星人 上原正三 東條昭平
34 許されざるいのち[注 30] レオゴン 石堂淑朗
小林晋一郎
(素案) 山際永三
引用元: 帰ってきたウルトラマン – Wikipedia.