「ファルガイア」『ワイルドアームズ』の舞台 遠い地球far gaiaから

003VKBkhTShEA
ゲーム『ワイルドアームズ』の
舞台となる荒廃した惑星は?
イルファガア
→ファルガイア

シリーズの舞台であり、惑星名でもある。
宇宙の中心と始まりの場所。星としての力は並外れであり、守護獣たちが守護する惑星で守護獣や魔族の力がぶつかり合おうとも耐えれる程の力を持つとの事。(ザ・プレ2002/5/特別増刊号,2004/1/30特別号冊子)
いずれのシリーズでも様々な理由から荒野に成り果てている。
ファルガイアは遠い地球=far gaiaから生まれた造語。ただし英語版では「Filgaia」で表記される。
引用元: 《地名・地形・施設》/【ファルガイア】 – ワイルドアームズ用語 Wiki*.

『ワイルドアームズ』(WILD ARMS)はメディア・ビジョンが開発しソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が販売したPlayStation用ロールプレイングゲーム。シリーズの第1作であり、SFと西部劇を融合させた世界観は後の作品にも受け継がれた。『ポポロクロイス物語』『アークザラッド』とともにSCE三大RPGの一作である[1]。2003年11月27日に『ワイルドアームズ アルターコード:エフ』としてPlayStation 2で大幅な改修を受けてリメイクされた。
>トータルゲームデザイン&シナリオは金子彰史。音楽はなるけみちこ。
>大昔に全滅したと思われていた魔族が復活し、滅ぼされつつある惑星ファルガイアを守るために、ロディ、ザック、セシリアの3人が魔族と戦う物語。
ゲームの舞台はファルガイアという荒廃しつつある世界であり、キーワードとして魔族、ガーディアン、ゴーレム、「渡り鳥」という名の冒険者達、ARM等が挙げられる。とある村で働いているロディ、遺跡を探索するザック、寄宿学校で目覚めるセシリア。それぞれが送る日常に訪れたある一日から物語は始まる。
引用元: ワイルドアームズ – Wikipedia.