星の王子さまプチ・「プランス」 1978年のアニメ Petit-Prince

259sBwqVCvNtK
1978年に放送された
サン=テグジュペリの小説を
原作とするTVアニメは『星の
王子様 プチ・◯◯◯◯』?
ェジプスア
ランフセロ
→プランス
『星の王子さま プチ・プランス』
Petit-Prince

『星の王子さま』(ほしのおうじさま、フランス語原題:Le Petit Prince、英語: The Little Prince)は、フランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説である。彼の代表作であり、1943年にアメリカで出版された。
2009年現在、全世界で8000万部[1]、日本では600万部[2]が売られている。
>体裁は児童文学ながら、子供の心を失ってしまった大人に向けての示唆に富んでいる。« Le plus important est invisible » 「大切なものは、目に見えない」を始めとした本作の言葉は、生命とは、愛とはといった人生の重要な問題に答える指針として広く知られている。この作品の元になったと思われる、1935年のリビア砂漠での飛行機墜落事故の体験は、サン=テグジュペリによる随筆集『人間の土地』で語られている。
>星の王子さま プチ・プランス[編集]
1978年7月4日から1979年3月27日まで、日本でアニメーションが放送された。朝日放送(ABC)制作で、毎週火曜日の19時30分~20時放送。全39話(本放送では第35話まで)。主人公の王子役は、当時児童劇団所属で小学校5年生だった松野太紀(当時は本名でもある「達也」名義)が務め、松野の事実上の声優デビュー作となる。何度か再放送され、アメリカにも輸出された(アメリカ版は全26話)。
引用元: 星の王子さま – Wikipedia.