「アルケスティス」上遠野浩平(かどのこうへい)『ビートのディシプリン』『ヴァルプルギスの後悔』に登場する魔女 エウリピデス『アルケスティス』ギリシア悲劇

034QcnkzBqwsR
上遠野浩平の小説
『ビートのディシプリン』や
『ヴァルプルギスの後悔』に
登場する氷の魔女は?
スィスルアケテ
→アルケスティス


小説『ブギーポップは笑わない』
で、ブギーポップが口笛で吹く
曲は『ニーベルングの
指環』である
×
◯『ニュルンベルクのマイスタージンガー』
引用元: 『ブギーポップは笑わない』の曲『ニュルンベルクのマイスタージンガー』 『ブギーポップ』の口笛 声優清水香里 | わかればいいのに I wish I knew.

上遠野 浩平(かどの こうへい、1968年12月12日 – )は、日本の小説家。代表作品に『ブギーポップは笑わない』、『ぼくらは虚空に夜を視る』、『殺竜事件-a case of dragonslayer』など。
>『ビートのディシプリンシリーズ』、『ヴァルプルギスの後悔シリーズ』はそれぞれ『ブギーポップシリーズ』に登場する合成人間ピート・ビート(本編では名前のみ)や炎の魔女、霧間凪に焦点を当てたスピン・オフ的作品 。『ブギーポップシリーズ』に登場する数々の謎、核心に迫る物語。
『ヴァルプルギスの後悔』は上述二作の他にも『ペイパーカットシリーズ』『冥王と獣のダンス』『ナイトウォッチ三部作』『酸素は鏡に映らない』との関連性が書かれている。
引用元: 上遠野浩平 – Wikipedia.

『ビートのディシプリン』は上遠野浩平による小説。『ブギーポップは笑わない』を始めとするブギ―ポップシリーズのサイドストーリー。2000年から2005年に電撃hpで連載され、単行本は電撃文庫より全4巻が発売。
>統和機構の合成人間ピート・ビートは、フォルテッシモから「カーメン」と呼ばれる謎の存在の調査を命じられる。そして任務をすすめるビートの前に試練(ディシプリン)が次々と立ちはだかる。
本シリーズはブギーポップシリーズと非常に密接な関係にある作品であり、作者の上遠野は「ブギーポップシリーズを終える上で必要な作品の一つである」とインタビューで前置いている。
引用元: ビートのディシプリン – Wikipedia.

『ヴァルプルギスの後悔』(ヴァルプルギスのこうかい)は上遠野浩平による日本のシリーズ小説。同作者による『ブギ―ポップは笑わない』を始めとした「ブギーポップシリーズ」と、そのサイドストーリー『ビートのディシプリン』シリーズの姉妹作品にあたる。
引用元: ヴァルプルギスの後悔 – Wikipedia.

【アルケスティス】

【作品名】ブギーポップシリーズ(ビートのディシプリン、ヴァルプルギスの後悔含む)
【ジャンル】ラノベ
【名前】アルケスティス
【属性】次元の歪み 氷の魔女
【大きさ】成人女性並み
【攻撃力】「凍結」:ふっと一瞥するだけで超能力の波動で作成された
山よりでかい半透明の巨人を構成する全ての分子が内部も含め完全停止。
ありとあらゆるものを停止可能。射程数百m。
数mの白い光線や光弾として凍結パワーを大量に打ち出すことも可能。
弾速は超音速。射程数百m
引用元: 上遠野浩平作品キャラ最強スレまとめ@Wiki – アルケスティス.

アルケスティス

ギリシア伝説のテッサリア王アドメトスの王妃。夫の身代りとなって死んだ献身的な貞女。ヘラクレスはその貞節に打たれ,冥府(めいふ)に降りて彼女を現世に連れ戻した。エウリピデスに同名の作品がある。
引用元: アルケスティスとは – コトバンク.

『アルケスティス』 (希:Ἄλκηστις, Alkēstis)は、エウリピデスによるギリシア悲劇。紀元前438年のディオニューシア祭で『クレタの女たち』『テレフォス』『プソフィスのアルクマイオン』の三部作に続くサテュロス劇の代わりに上演され、二等賞を得た。エウリピデスの現存する作品の中では最も古いものと目されるが、それでも作家が50歳に近いころのものであるから、全体としては中期の後半あたりに属すると言えよう。
引用元: アルケスティス (ギリシア悲劇) – Wikipedia.