携帯電話で変身『百獣戦隊ガオレンジャー』『轟轟戦隊ボウケンジャー』『魔法戦隊マジレンジャー』『仮面ライダー555』

088crGpWRFfHf
次の特撮番組のうち
携帯電話で変身するものを
全て選びなさい
◯『百獣戦隊ガオレンジャー』
×『特捜戦隊デカレンジャー』
◯『轟轟戦隊ボウケンジャー』

◯『魔法戦隊マジレンジャー』
◯『仮面ライダー555』
×『未来戦隊タイムレンジャー』
×『仮面ライダー龍騎』
×『仮面ライダー剣』
×『仮面ライダーカブト』

Gフォン
初期メンバー5人が所有している携帯電話型通信機で変身アイテム。ポーズをとって「ガオアクセス」とコールすることで変身が開始される。
>引用元: 百獣戦隊ガオレンジャー – Wikipedia

>SPライセンス(エスピーライセンス)
特キョウ所属捜査官を除く宇宙警察官が携帯している警察手帳(身分証明書)。『チェンジモード(強化服「デカスーツ」の装着)』、『フォンモード(通信およびデータ検索・分析)』、『ジャッジメントモード[2](宇宙最高裁判所に被疑者を起訴、即決を求める)』の3つのモードがある。
引用元: 特捜戦隊デカレンジャーの装備・戦力 – Wikipedia

>アクセルラー
ボウケンジャーの初期メンバーが持つ、携帯電話型の変身アイテムであり、同時に他にも下記のような多数の機能を持つ。各自変身前は左腕(上腕部)のホルダーに装着し、ボウケンジャーへの変身後はベルトの腰の部分に格納される。そのため、収納部は変身後の弱点となっている。
引用元: 轟轟戦隊ボウケンジャーの装備・戦力 – Wikipedia

>これらの真実を告げ、長男の蒔人・長女の芳香・次女の麗・次男の翼の四人に魔法戦隊マジレンジャーとなって戦うよう魔法ケータイ・マージフォンを与えた。
引用元: 魔法戦隊マジレンジャー – Wikipedia

>ドライバーと呼ばれるベルト状の装置を装着し、専用フォンに変身コードを入力しインサートする事で変身システムが起動。ドライバーが瞬時にエネルギー流動経路(後述)を生成し、装着者の身体に沿ったフォトンフレームを形成する。その後スマートブレイン製人工衛星・イーグルサットが電子レベルにまで分解したスーツを電送し、形成され変身する。
引用元: 仮面ライダー (仮面ライダー555) – Wikipedia