「フォー・メイツ」『赤き血のイレブン』 「フォー・スラッガーズ」『男どアホウ甲子園』 「フォー・メイツ」『赤き血のイレブン』

100cZjnNaRwZd
1970年放送のTVアニメ
『赤き血のイレブン』の主題歌を
歌った男性コーラスグループは
「フォー・メイツ」である
◯(答)

003QKfbxclbfu
1970年放送のTVアニメ
『男どアホウ甲子園』の主題歌を
歌った男性コーラスグループは
「フォー・スラッガーズ」である
◯(答)
「フォー・メイツ」『赤き血のイレブン』

『男どアホウ甲子園』(おとこどアホウこうしえん)は、原作・佐々木守、漫画・水島新司による野球漫画。1970年から1975年まで『週刊少年サンデー』で連載された。1970年から1971年にテレビアニメが放送された。第19回(昭和48年度)小学館漫画賞受賞。
>ストレートしか投げない豪腕投手、「剛球一直線」藤村甲子園(ふじむら こうしえん)。甲子園球場の申し子である彼が、持ち前の超剛速球を武器として、女房役・豆タンらと共に甲子園大会優勝を、そして阪神タイガースを目指す。
>主題歌[編集]
オープニングテーマ「男どアホウ!甲子園」
作詞 – 佐々木守 / 作曲・編曲 – 土持城夫 / 歌 – フォー・スラッガーズ
イメージソング「どアホウ賛歌」
作詞 – 佐々木守 / 作曲・編曲 – 土持城夫 / 歌 – フォー・スラッガーズ
引用元: 男どアホウ甲子園 – Wikipedia.

『赤き血のイレブン』(あかきちのイレブン)は、梶原一騎原作による、サッカーを題材とした漫画およびアニメ作品。
>この物語の主人公・玉井真吾は、後に日本代表や古河電工で活躍した永井良和がモデルである[1][2]。物語の舞台となった新生高校のモデルは埼玉県浦和市(現・さいたま市)の浦和市立南高等学校(現さいたま市立浦和南高等学校)[1][2]。監督の松木天平は同校監督の松本暁司[2]、GKの大平洋介は福家三男がモデルである[2]。1969年に創部6年目の同校サッカー部が高校総体、国体、高校選手権の三冠を達成した逸話を基にこの作品は作られた[3]。
>主題歌[編集]
オープニングテーマ「赤き血のイレブン」[30]
唄 – フォーメイツ / 作詞 – 梶原一騎 / 作曲 – 大沢保郎
エンディングテーマ「わが友 玉井真吾」
唄 – フォーメイツ / 作詞 – 梶原一騎 / 作曲 – 大沢保郎