セーラ・「クルー」『小公女セーラ』 「ボナパルト」セーラのオウム

086KXZOhbOwGn
アニメ『小公女セーラ』の
主人公セーラのフルネームは
セーラ・◯◯◯?
◯を答えなさい
クルー
「セーラ・クルー」

111FiZRPddiLp
アニメ『小公女セーラ』で
セーラが連れているオウムの
名前はボナパルトである

×シーザー

『小公女セーラ』(しょうこうじょセーラ)は、フジテレビ系列の「ハウス世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は1985年1月6日から同年12月29日で全46話。
>時は19世紀の後期。10歳のイギリス人少女、セーラ・クルーは、インドで富豪である父、ラルフ・クルーの一人娘としてなに不自由のない生活を送っていたが、寄宿学校に入学するため父の郷里であるロンドンにやってくる。 父の希望もあり、入学したミンチン女子学院では特別寄宿生として優遇されるが、それを自慢する事もなく、母を亡くして寂しがるロッティの母親代わりになったり、田舎から雇われて来たメイド・ベッキーの不始末を庇うなど、持ち前の優しさで人気者になる。ところが、それまで生徒達のリーダー的立場であったラビニアと、貧しい育ちから成り上がったミンチン院長のコンプレックスを刺激する形になってしまい、2人から嫉妬や悪意、憎悪に満ちた根深い感情を抱かれるようになる。
>ボナパルト
インドからセーラと一緒にやってきたオウムで口癖は「セ~ラ」。
ジャンプ
セーラ専用の馬車を牽く小馬(ポニー)。父の破産により、ボナパルトと共にバロー弁護士に差し押さえられていたが、クリスフォードによってセーラの元へ戻った。
引用元: 小公女セーラ – Wikipedia.