【高坂桐乃】竹達彩奈

アニメ『俺の妹がこんなに可愛い
わけがない』の主人公高坂京介
の声を演じた俳優は?
フルネームで答えなさい
なかむらゆういち(答)
64%

次のライトノベル『俺の妹が
こんなに可愛いわけがない』の
登場人物を同学年のキャラごとに
グループ分けしなさい
【高坂桐乃】来栖加奈子
【黒猫】赤城瀬菜
【高坂京介】赤城浩平
58%

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(おれのいもうとがこんなにかわいいわけがない)とは、伏見つかさによるライトノベル。イラストはかんざきひろ。電撃文庫(アスキー・メディアワークス→KADOKAWA)より、2008年8月から刊行されている。本作を原作とする漫画、ドラマCD、アニメ、ゲームなどのメディアミックス展開が行われている。

公式な略称は『俺の妹』[2][3]。『俺妹』(おれいも)と略されることもある[4][注 1]。

概要
垢抜けていて勝ち気な妹が隠し続けてきた「実はオタク」という秘密を知ってしまったことから、不仲だった妹に振り回されることになった兄の奮闘を描くコメディー作品。若年層向け作品の表現範囲内ではあるものの、妹が愛好する「妹萌え」の男性向けアダルトゲームを物語の軸としながら、反りの合わない兄妹の関係性の変化を描いていくという構造のホームコメディになっている。物語の題材の一部には世間では受け入れられていない趣味(アダルトゲームなど)を愛好することで生じる家族や友人との対立や、数ある同様のコンテンツの中でもアニメやゲームばかりが槍玉に挙げられることについての皮肉とも受け取れる内容も扱われている[5]。
引用元:俺の妹がこんなに可愛いわけがない – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E3%81%AE%E5%A6%B9%E3%81%8C%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AB%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%91%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84

高坂 京介(こうさか きょうすけ)
声 – 中村悠一、藤田麻美(幼少期)
身長175cm、体重60kg[7]。
本作の主人公にして、この物語の語り手。高校2年生。一人称は「俺」。取り立てて長所も短所もないが、本人は平凡であることを美徳であるとして肯定的に捉えている。能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような感情の起伏が激しい一面もある。周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない[8][注 2]。

高坂 桐乃(こうさか きりの)
詳細は「高坂桐乃」を参照
声 – 竹達彩奈
身長165cm、体重45kg、スリーサイズB82/W54/H81[31]。4月8日生まれ[32]。
本作のヒロイン。京介の実妹で、物語を引っ張る人物[33]。中学2年生。ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。ハンドルネームは「きりりん」。兄と違って人目を惹き付ける美貌に恵まれ[注 6]、ファッション誌の専属モデルとしてかなり高額の報酬を手にしている。また学力は県内でも指折りの成績を持つ生徒にして[36]、スポーツでも陸上部のエースと非の打ち所がない[37]。
本人も何が契機かはよく覚えていないながらも萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、特に「妹もの」と呼ばれるゲームを、成人向けか否かを問わず[注 7]こよなく愛し、ニュースサイトを巡回して気に入った物を見つけてはモデルの報酬を使って衝動買いをしている[注 8]。
引用元:俺の妹がこんなに可愛いわけがないの登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E3%81%AE%E5%A6%B9%E3%81%8C%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AB%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%91%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9引用元:伏見つかさ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95

中村 悠一(なかむら ゆういち、1980年[9]2月20日[3][10] – )は、日本の男性声優、ナレーター[4]。香川県木田郡庵治町(現:高松市)出身[2]。インテンション所属[5]。

代表作は『おおきく振りかぶって』(阿部隆也)、『CLANNAD』シリーズ(岡崎朋也)、『機動戦士ガンダム00』シリーズ(グラハム・エーカー)、『マクロスF』(早乙女アルト)、『魔法科高校の劣等生』(司波達也)、『呪術廻戦』(五条悟)、『ウルトラマンX』(ウルトラマンエックスの声)、『マーベル・シネマティック・ユニバース』(スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ)など[10][11][12]。
引用元:中村悠一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%82%A0%E4%B8%80