アニメと監督『機動戦士ガンダム0080』高山文彦『機動戦士ガンダム0083』加瀬充子、今西隆志『第08MS小隊』神田武幸、飯田馬之介『機動戦士ガンダムUC』古橋一浩

051MoNzWAOlZR
次のアニメと手がけた監督の
正しい組み合わせを選びなさい
機動戦士ガンダム0083───加瀬充子、今西隆志
機動戦士ガンダム0080───高山文彦
第08MS小隊───神田武幸、飯田馬之介
機動戦士ガンダムUC───古橋一浩

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(きどうせんしガンダム ダブルオーエイティ ポケットのなかのせんそう、MOBILE SUIT GUNDAM 0080 War in the Pocket)は、1989年発売の『ガンダムシリーズ』OVA作品。全6話。略称は「0080」、「ポケ戦」(ポケせん)。
>バンダイビジュアル(当時はバンダイ・メディア事業部)の高梨実によると、高山文彦に監督を依頼したのは『マクロス』で高梨が気に入った話が全て高山の演出だったからだという[2]。高山は電話を持っておらず、「死んだ」という噂があるほど居場所が不明だったが、内田健二が探し当てて直接訪ねに行った。前述の理由から唐突に訪ねてきた内田に高山は驚いたが、仕事がなくて困っていたので監督を引き受けることにした[3]。
引用元: 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 – Wikipedia.

高山 文彦(たかやま ふみひこ、1953年[1] – )は、日本のアニメ制作者。主にアニメ監督、映画監督、脚本、演出を手がける。関係作品は少ないうえ露出を嫌うのでアニメ界では奇人・仙人扱いされている。
>大阪大学に通っていたがドロップアウトして映画三昧の生活を送っていた。東京に行くことを思いつき正式に退学、東京でも映画三昧の生活を送っていたが友人から「トップクラフトというアニメ会社でバイトを探している」ことを聞きつけアニメ制作スタジオのトップクラフト(後のスタジオジブリ)へ、そこで原徹に才能を見出される、その後アートランドを経てフリー[1]。1989年『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』で監督デビュー[1]。
>彼が関わった作品は、見る人に美しい余韻を残す、切なく、はかないエンディングを迎える事が多い。
引用元: 高山文彦 (アニメ監督) – Wikipedia.

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』(きどうせんしガンダム ダブルオーエイティースリー スターダストメモリー、MOBILE SUIT GUNDAM0083 STARDUST MEMORY)は、ガンダムシリーズのOVA。1990年制作、1991年から1992年にかけて全13話が公開・発売された。略称は「0083」。
>監督 加瀬充子(第1話 – 第7話)
今西隆志(第2話 – 第13話)
引用元: 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY – Wikipedia.

加瀬 充子(かせ みつこ)は、福島県出身のアニメーション監督・アニメーション演出家である。東京デザイナー学院卒。
>専門学校を卒業後、アニメーターとして日本サンライズ(現・サンライズ)に入社。
その後は演出家に転向し、1980年代よりときたひろこや森脇真琴らと共に数少ない「女性アニメーション・ディレクター」として活躍した。なお、女性アニメ監督として日本で初めてロボットアニメの演出を担当した人物でもある。
引用元: 加瀬充子 – Wikipedia.

今西 隆志(いまにし たかし、1957年11月23日[1] – )はアニメ監督、演出家、プロデューサー。大阪府出身。日本大学芸術学部卒[2]。
>『装甲騎兵ボトムズ』の制作進行、『機甲界ガリアン』の設定制作などを経て、OVA『装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー』で演出助手、OVA『装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』で演出を担当。2006年現在サンライズデジタル制作部部長[3]。戦国武将と同姓同名の大熊 朝秀(おおくま ともひで)というペンネーム[4]を用いることがある。
夫人は富野由悠季監督作品などで色彩設定を担当した今西清子(旧姓・高島)[5]。
引用元: 今西隆志 – Wikipedia.

ここで何故0083には男女二人の監督がいたのかを考えてみたい。と言ってもここまで筆者の文章を読んできてくれた方ならば、もうお判りの事と思う。そう、加瀬充子は五武先生に描けない部分を補う、萌えキャラ要員だったのだ。今西監督はボトムズの演出出身であり、五武先生の長所とともに短所をも知り尽くしていた。だからこそ五武先生の苦手ジャンルに、わざわざもう一人監督を立てることでこれを乗り切ろうとしたのだろう。
引用元: 「機動戦士ガンダム0083(改訂版1)」(1991年): 南極怪獣通信.

『機動戦士ガンダム第08MS小隊』(きどうせんしガンダム だいぜろはちエムエスしょうたい、MOBILE SUIT GUNDAM The 08th MS Team)は、ガンダムシリーズのOVA作品。1996年から1999年にかけて全11話と後日談の特別編『ラスト・リゾート』を制作、1998年には劇場版『ミラーズ・リポート』も公開された。略称は「08小隊」。
>本作は本来全12話完結の構想であり、監督は当初神田武幸であったが、製作途中に体調を崩し、第7話から飯田馬之介が担当する。ストーリーそのものは元々、神田が考えていた筋書きに沿っているが、1996年7月27日に神田が急逝したために、飯田ら残されたスタッフは生前神田が書き残していたメモやプロットを元に第11話までを完成させ、第12話ではなく特別編という形で『ラスト・リゾート』が製作された[4]。本作は神田の遺作となった。商業的には出荷ベースでは前作『機動戦士ガンダム0083』を上回る全巻累計115万本(ビデオ・LD・DVD合わせ)[5]。
引用元: 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 – Wikipedia.

神田 武幸(かんだ たけゆき、1943年8月11日[1] – 1996年7月27日)は福島県福島市[1]出身のアニメーター、アニメーション監督。
>その後OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の総監督を務めている最中、1996年に52歳で急逝した。大変な酒好きで、循環器系は折から不調のままであったと言われている。
引用元: 神田武幸 – Wikipedia.

飯田 馬之介(いいだ うまのすけ、本名:飯田 勉(いいだ つとむ)、1961年4月30日 – 2010年11月26日)は日本のアニメーション監督、演出家、プロデューサー、脚本家、漫画家。北海道浦河町出身。北海道浦河高等学校卒。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。旧名は飯田 つとむ。
>「飯田つとむ」名義で活動していた当時、同じOH!プロダクションに在籍していた川崎博嗣に「『1・2の三四郎』の馬之介」に似ている事から「馬之介」と呼ばれていた。その後、小松原一男にその名前を気に入られ、『風の谷のナウシカ』の時に初めて「飯田馬之介」を名乗るようになった。のちにGONZOを拠点に活動していた。逸話として『天空の城ラピュタ』の劇中に登場するラピュタの心臓部の設定は監督の宮崎駿と馬之介が共同で考え出したものである。
引用元: 飯田馬之介 – Wikipedia.

『機動戦士ガンダムUC』(きどうせんしガンダムユニコーン、MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、福井晴敏による日本の小説。角川書店『ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載された。また、これをストーリー原案とした同名のアニメ作品が製作されている。
引用元: 機動戦士ガンダムUC – Wikipedia.

古橋 一浩(ふるはし かずひろ、1960年6月9日 – )は、日本の男性アニメーション監督、アニメーション演出家。静岡県浜松市出身。
アニメーターの出身で『らんま1/2』から演出方面へと転身した。情景を実写するような演出が特徴。松本憲生や中嶋敦子、鈴木博文などのアニメーターとタッグを組むことが多い。また、アニメーター時代からスタジオディーン制作作品に携わっていたため、演出家に転向してからも同社とは繋がりがある。
引用元: 古橋一浩 – Wikipedia.