『レッドサンブラッククロス』ボードゲーム・小説 佐藤大輔

014JmDrSKwGQS
次の文字列を順に選んで
日独が第三次世界大戦を戦う
という内容のボードゲームの
タイトルにしなさい
レッド
サン
ブラック
クロス
『レッドサンブラッククロス』

『レッドサン ブラッククロス』(Red Sun Black Cross、略称RSBC)とは、
アドテクノスから発売されたボードシミュレーションゲーム。原案・高梨俊一、開発・佐藤大輔、福田誠ほか。日米が第二次世界大戦に参加しなかった世界で、日独がインドを主戦場に第三次世界大戦を行うという設定。続編として『リターン トゥ ヨーロッパ』『エスコート フリート』がある。タイトルの元ネタはアメリカのSPI社製で、ホビージャパンから日本語版も発売された仮想第三次世界大戦ボードウォーゲーム「レッドスター・ホワイトスター」。
佐藤大輔による架空戦記。本項ではこちらについて詳述する。
>ゲーム版
1985年に発売。二・二六事件から歴史改変を行い、日独伊三国防共協定が成立していない状況での世界大戦、という視点から製作されたシミュレーションゲームが「レッドサン ブラッククロス」である。アメリカ合衆国はモンロー主義に縛られ介入せず、中近東からインド周辺までの地域で日独の戦力が激突するという従来に無い斬新な設定は多くのファンを獲得した。
小説版
小説版『レッドサン ブラッククロス』は佐藤の代表作の一つである。題名、および日独による第三次世界大戦というアイデアは高梨俊一によるものであり、佐藤自身が著作内で度々明言している。しかし、執筆にあたって考証が大幅に見直され、ゲーム版では歴史改変の出発点が二二六事件だったのに対し、日露戦争まで遡って改変がはじめられている。
引用元: レッドサン ブラッククロス – Wikipedia.

欧州を席巻した大ドイツ帝国は、カナダで抗戦を続ける英国を追って大西洋を渡った。
日英同盟に従い日本は北米に地上軍を派遣。
だが独軍の電撃攻勢と史上初の反応弾攻撃に曝された合衆国はあえなく崩壊してしまう。
一気に苦境に陥った北米の日英同盟軍に向けて、日本は物資を送り続けなければならず、独軍はこのシーレーンを食いちぎるべく灰色狼=Uボートの大群を太平洋に放っていた。
今や第三次大戦の焦点となった太平洋を押し渡り、日英協同対潜護衛戦隊(タイフーン)は北米の日英軍に物資を送り届けることができるのか。
人気シリーズ、C・NOVELSに新登場。
渾身の書下し。
引用元: BookWebPro 和書検索.