「紅のリンゴ」『ボクらの太陽』太陽少年ジャンゴの父 「イストラカン」死の都

022ufvzaNVvla
ゲーム『ボクらの太陽』の
主人公ジャンゴの父親である
ヴァンパイアハンターは
「紅のイチゴ」である
×
◯紅のリンゴ

CIMG6833vP3KCZQ3
ゲーム『ボクらの太陽』で
冒険の舞台となる
「死の都』といえば?
カンイトラス
→イストラカン

タイピング
コナミのゲームボーイアドバンス用ゲーム『続・ボクらの太陽』の副題は『太陽少年〇〇〇〇』?
ジャンゴ

ですが『新・ボクらの太陽』の副題は『逆襲の○○○』?
サバタ

ボクらの太陽(ぼくらのたいよう)は、コナミから発売されているゲームボーイアドバンス用アクションRPG(メーカー側での呼称は『太陽アクションRPG』)のシリーズである。小島秀夫プロデュース作品。
カートリッジに太陽光を検知するセンサーが内蔵されており、ゲーム内に様々な影響を与えるシステムが最大の特徴である。日中ゲームが出来ない人にとっては厳しいが、どこでも持ち運べる携帯ゲーム機の利点を最大限に生かしたシステムとなっている。
>太陽は闇に覆われ、生と死の輪廻に反生物アンデッドと闇の一族イモータルが介入したことによって訪れた暗黒の時代。人々は太陽を忘れ、太陽の街と呼ばれたサン・ミゲルは死の街と化した。かつて最強と呼ばれたヴァンパイア・ハンター紅のリンゴの息子、太陽少年ジャンゴは父より継ぎし愛銃、太陽銃ガン・デル・ソルを手に、父の仇であるヴァンパイアロード伯爵を追って死の都イストラカンを訪れた。かつて父とともに旅をした太陽の使者おてんこさまとの出会い、伯爵に捕らわれた大地の巫女リタの救出、そして生き別れの兄サバタとの再会を得て、ジャンゴはイストラカンの謎に迫っていく。
引用元: ボクらの太陽 – Wikipedia.