金糸雀『ローゼンメイデン』草薙みつ「バイオリン攻撃」 水銀燈「柿崎めぐ」「乳酸菌摂ってるぅ?」

084CLKQVBIRvE
『ローゼンメイデン』
人工精霊はピチカート
契約者は草笛みつ
バイオリンを使った攻撃
雛苺
蒼星石
金糸雀(答)
薔薇水晶


『ローゼンメイデン』
人工精霊はメイメイ
契約者は柿崎めぐ
「乳酸菌摂ってるぅ?」
水銀燈

連想
ローゼンメイデン
漫画には登場せず
ローザミスティカを持たない
槐が作った贋作
→薔薇水晶

『ローゼンメイデン』 (Rozen Maiden) は、PEACH-PITによる漫画、およびそれを原作とする日本のテレビアニメ。
原作漫画は『Rozen Maiden』のタイトルで『月刊コミックバーズ』(幻冬舎コミックス)にて2002年9月号から2007年7月号まで連載(途中休載を挟む)された後、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)へ移籍、2008年4月発売の20号(通巻1389号、2008年4月17日発売)から2014年1月発売の8号(通巻1665号、2014年1月23日発売)まで『ローゼンメイデン』とタイトルを変更の上、月1回で連載(詳細は突然の連載終了とその後の動きを参照)。
>そんなある日、バイトの最中に『週刊 少女のつくり方』という雑誌の創刊号を見つける。それを持ち帰って以来、何故か家に雑誌が毎号届く様になる。雑誌の付録パーツを集めて組み立てると、「ローゼンメイデン 真紅」が完成されるという。人形作りに夢中になるジュンだったが、ある日突然雑誌が休刊してしまう。更に、中学時代の自分から助けを求めるメールが届く。
一体、「まいた世界」で何が起きているのか? そして、「まかなかった世界」に現れたローゼンメイデンとの出会いを機に、ジュンにどんな変化が起きるのか?
引用元: ローゼンメイデン – Wikipedia.

水銀燈(すいぎんとう / Mercury Lampe)
声 – 田中理恵 / 能登麻美子
「ローゼンメイデン」シリーズの第1ドール。一人称は「私」。普段の口調は相手を小馬鹿にするような猫撫で声だが、本気になると感情的になる。冷酷非情で好戦的な性格。アリスへの執着心が非常に強く、ローザミスティカを集める為なら手段を選ばない。その性格から他の姉妹とは折り合いが悪いが、金糸雀にだけはペースを乱されてしまう。人工精霊はメイメイ(第一期-特別編では紫色、新アニメでは水色)。また蒼星石のローザミスティカを奪った為、レンピカ(蒼星石の項目参照)も従える。
ドール同士の絆もドールとマスターの絆も否定していたが、契約者となった柿崎めぐに対しては気遣いを見せる。

金糸雀(かなりあ / Kanarienvogel)
声 – 志村由美
「ローゼンメイデン」シリーズの第2ドール。アニメでは第2期から登場。一人称は「カナ」。口癖は「…かしら〜」で、まかなかったジュンには「かしら先生」と呼ばれた。自信家で、自称「ローゼンメイデン一の頭脳派(又は策士、才女、知能犯)」。モットーは「楽してズルしていただきかしら!」。妹達と比べて幼い容姿だが、次女らしいしっかりした一面もあり、最も長い時間を共に過ごしたことから、他の姉妹とは距離を置く水銀燈の扱いにも慣れている。意外と好戦的な性格であり、真紅からは水銀燈と並びアリスゲームに積極的な姉妹と目されている。本人には自覚がないものの、怒ると手が付けられない性格らしく水銀燈からは普段の様子と比較されタチが悪いと言われてる。好物は砂糖がたくさん入った甘い卵焼き。人工精霊はピチカート(金色)。常に金糸雀と行動を共にし、サポート役として優秀。

蒼星石(そうせいせき / Lapislazuri Stern)
声 – 森永理科
「ローゼンメイデン」シリーズの第4ドール。現在の契約者は桜田ジュン。一人称は「僕」。性格は生真面目で寡黙。「心の樹」の成長を妨げる雑草を取り除く「庭師の鋏」を持つ(心の樹の必要な枝を切り落として、その人の心にしまわれた大切な記憶を奪うことも可能)。人工精霊はレンピカ(薄い青)で、庭師の鋏を出したり、夢の扉を開いたりする。契約者への忠誠心が高く、特に後述する理由から結菱一葉に対しては非常に忠実である。比較的好戦的な性格で、必要とあらば双子の翠星石にも容赦はしない冷酷さを持ち合わせる。

雛苺(ひないちご / Kleine Beere)
声 – 野川さくら / 金田朋子
「ローゼンメイデン」シリーズの第6ドール。一人称は「ヒナ」。口癖は「…なの〜」「…のよ」「うにゅ〜」。泣き虫で甘えん坊かつ我侭で、姉妹の中でも特に幼稚な為、翠星石から「チビ苺」等と呼ばれてからかわれているが、ジュンや巴、姉妹への思いやりは強く優しい。好きなものはお菓子。中でも苺大福が大好物で、口癖の「うにゅ〜」は苺大福を指すことがある。お絵描きと歌も好き。孤独が嫌い。初期は前の契約者(コリンヌ・フォッセー)がフランス人だった為、フランス語を話す癖が抜けていなかったが、途中からは「はい」「いいえ」の代わりに「うぃー (Oui.)」「non!」と答える程度になった。人工精霊ベリーベル(ピンク)を使うが、雛苺の躾け不足でイマイチ頼れない性能になっている。当初の雛苺のデザインコンセプトは「毒入りお菓子」。「雛苺」という名前の由来は、最初「雛」という字を使うことだけ決まっていたが、そのあとが決まらず、原作者が外を歩いていたところ「ひな祭りフェア」として苺大福を売っていて、そこから思いついた。
引用元: ローゼンメイデンの登場人物一覧 – Wikipedia.