【1】キャスバル【3】シャア【4】クワトロ

漫画『機動戦士ガンダム
THE ORIGIN』で、シャアが
セイラとともに地球に隠れ住んだ
時の仮の名前は◯◯◯◯・マス?
スドエウガ
ャーバワキ
エドワウ(答)
45%

シャア・アズナブル (Char Aznable) は、『ガンダムシリーズ』のうち、アニメ『機動戦士ガンダム』にはじまる宇宙世紀を舞台にした作品に登場する、架空の人物。本名はキャスバル・レム・ダイクン (Casval Rem Deikun)。漫画・アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』における少年期にはエドワウ・マス (Edwow Mass) を[1][2]、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の反地球連邦組織「エゥーゴ」参加時にはクワトロ・バジーナ (Quattro Vageena[注 1]) を名乗っている。

担当声優は池田秀一。『THE ORIGIN』における子供時代は田中真弓。『ガンダムさん』では小西克幸。『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』では関俊彦。

身長175センチメートル(一年戦争時。『Ζガンダム』以降は180センチメートル[3]。)[4][5]。体重は65キログラム(『Ζガンダム』時)[3]。血液型はAB型[3]。

生誕から幼少時代
生誕
宇宙世紀0059年11月17日、ジオン共和国創始者、ジオン・ズム・ダイクンとトア・ダイクン(『THE ORIGIN』ではアストライア・トア・ダイクン)の子キャスバル・レム・ダイクンとして生まれる。セイラ・マス(本名:アルテイシア・ソム・ダイクン)は実妹。
妾の子として生まれたものの、父ジオンは正妻とは子をもうけることが出来なかったため、未来のジオンの後継者として期待され、英才教育を受けて育つこととなる。
ザビ家からの逃亡生活
宇宙世紀0069年、ジオン・ズム・ダイクンの死後、ザビ家による迫害を受け地球に逃れる。この頃は、父ジオンのよき理解者であったジンバ・ラルの庇護の下、南欧のマス家に養子入り(あるいは、ジンバがマス家の名を購入して改名)し、「エドワウ・マス」を名乗る。記録上、父のジオンは病死とされているが、実際はデギン・ソド・ザビらによる暗殺と見ており(父がデギンを暗殺者として名指ししようとした動作を、後継者に指名したように装ったとジンバ・ラルやシャア(およびセイラ)は考えている)、ザビ家への復讐を誓う。
エドワウ・マスの名はテレビシリーズ放映当時には設定されておらず、小説版で初めて登場した。
引用元:シャア・アズナブル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%AB