おまそう『少女ファイト』

次の漫画を
連載された漫画雑誌ごとに
グループ分けしなさい
【モーニング】沈黙の艦隊
【イブニング】少女ファイト、モテキ
【月刊アフタヌーン】ああっ女神さまっ
49%


次の漫画を
連載された雑誌ごとに
グループ分けしなさい
【月刊少年エース】日常、ケロロ軍曹
【月刊少年ガンガン】マテリアル・パズル
48%
引用元:【エース】日常【ガンガン】マテリアル・パズル https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/44276/

028WmtIizL
テレビ朝日の朝の情報番組
『モーニングバード』の
2015年9月からのタイトルは
『羽鳥慎一モーニング◯◯◯』?
シカー
ワンフ
スイイ
ショー(答)
『羽鳥慎一モーニングショー』

1964年にNETで放送開始した
日本初のワイドショー番組は
『◯◯◯◯モーニングショー』? 
和康夫崎孝
則松島木茂
木島則夫(答)きじまのりお
32%

引用元:羽鳥慎一モーニング「ショー」『木島則夫モーニングショー』に由来 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/18080/

『沈黙の艦隊』(ちんもくのかんたい)は、かわぐちかいじによる日本の漫画作品。『モーニング』(講談社)にて、1988年から1996年まで連載。1990年に第14回講談社漫画賞一般部門を受賞。2019年5月時点で累計発行部数は2500万部を突破している[1]。アニメ・ラジオドラマ化もされている。

潜水艦戦を描いた戦記物に、核戦争や国際政治等の問題提起を絡ませ、各方面から注目を集めた。
引用元:沈黙の艦隊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E8%89%A6%E9%9A%8A

『少女ファイト』(しょうじょファイト)は、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品。『イブニング』(講談社)にて2006年2号より連載中。高校の女子バレーボールを扱っている。2005年12月発売の2006年2号から講談社の漫画雑誌『イブニング』(毎月第2・第4火曜日発売)の第4火曜日の号に隔号掲載で連載開始[1][注釈 1]。2014年6月発売の13号から暫くの間、ページ数を減らしての毎号連載へ移行していたが、2018年現在は隔号連載に戻っている。単行本第8巻から作者との連名で「作画監修 木内亨」のクレジットが追加された。

本作シーンの利用
2009年前後、漫画『ひだまりスケッチ』の主人公画像と、式島滋の「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」(第1巻)の台詞とを合成したコラージュ画像が主にネット上のユーザ間で広まり、その後も新たなコラージュやアスキーアートが発表されるなど反響を呼んだ。日本橋は後日これを把握し、本作の該当コマおよび台詞の利用を公認している[20]。この縁により『ひだまりスケッチ』の原作者・蒼樹うめと交流が始まり、単行本第7巻特装版の特典である公式同人誌『少年ファイト』には蒼樹も4コマ漫画を寄稿している[21]。
引用元:少女ファイト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88

『モテキ』は、久保ミツロウによる日本の漫画。また、それを原作としたテレビドラマと、2011年の日本映画。

概要
『イブニング』(講談社)にて、2008年23号から2010年9号まで連載された。単行本は「全4.5巻」。本編は第4巻までで、第4.5巻は番外編と作者へのインタビュー・対談などが収録されたファンブックとなっている。キャッチコピーは『人類、必読。心に刺さる恋物語。』
引用元:モテキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%86%E3%82%AD

『ああっ女神さまっ』(ああっめがみさまっ)は、藤島康介による漫画。『月刊アフタヌーン』(講談社)において、1988年11月号(同年9月24日発売)から2014年6月号(同年4月25日発売)まで連載された。全308話。
引用元:ああっ女神さまっ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%A3%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%A3

『モーニング』は、講談社発行の週刊漫画雑誌。1982年9月9日号を創刊号として、隔週誌として創刊され(当初の誌名は『コミックモーニング』)、1986年4月から週刊化された。毎週木曜日発売。

概要
創刊時はちばてつや、バロン吉元、川崎のぼる、永井豪、水島新司、谷口ジロー、成田アキラ、本宮ひろ志、ジョージ秋山、畑中純、さだやす圭、永松潔、能條純一、たかもちげん、わたせせいぞう、かわぐちかいじ、すがやみつる、および池上遼一と六田登、いわしげ孝、山本おさむ、池沢さとし、大島やすいちや、現在も『モーニング』の連載陣の一翼を担っている弘兼憲史、うえやまとちといったベテラン執筆陣によって支えられた、いわゆる「大人漫画」の構成の特徴を持っていた。

現在はストーリー漫画・4コマ漫画などを中心とする型破りな作風で話題を呼ぶ作品を輩出しており、ドラマの原作となる作品が多い。また成人が働く、さまざまな職業をありのままに描いた「職業漫画」が多いのも特徴の一つ。1990年代を通して、青年漫画のジャンルで漫画界をリードしている。
引用元:モーニング (漫画雑誌) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0_(%E6%BC%AB%E7%94%BB%E9%9B%91%E8%AA%8C)

『イブニング』は、講談社が発行する月2回刊青年漫画誌(創刊時は月刊誌)。毎月第2・第4火曜日に発売。

連載は基本的にオリジナル新作が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編の連載と読切作品の掲載が中心であった(続編やスピンオフは以後も連載の一角を占めている)。月2回刊になってからは、『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、同誌で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い青年漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。『激昂がんぼ』や『係長島耕作』のように、同じ作者が『モーニング』と掛け持ちで連載する作品もある。
引用元:イブニング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

『月刊アフタヌーン』(げっかんアフタヌーン)は、講談社が発行する日本の月刊青年漫画雑誌。1986年創刊。毎月25日発売。略称は「アフタヌーン」など。

看板作家であった藤島康介以外はほとんど無名の新人作家の作品を掲載したため、次第に質より量という誌面構成が強調された。1992年には1000ページを突破し、1997年のリニューアル号まで常時1000ページ台を維持、それまで最厚だった『月刊コロコロコミック』を上回る誌面の厚さを誇っていた。その際に岩明均による『寄生獣』がヒットし看板漫画の一つになる。
引用元:月刊アフタヌーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B3