【鎌倉市】小動岬


漫画『失恋ショコラティエ』の
主人公であるチョコレート職人
小動爽太
こゆるぎそうた(答)
43%

『失恋ショコラティエ』(しつれんショコラティエ)は、水城せとなによる日本の漫画。

『月刊フラワーズ』増刊の『凛花』(小学館)にて3号から10号まで連載された後、『月刊フラワーズ』本誌へと掲載誌が移動となり、同誌2010年11月号から定期連載となった。単行本は、同社のフラワーコミックスαより全9巻。

2014年1月から3月までテレビドラマが放送された。

登場人物
声はドラマCD版 /ムービーコミック版の順に表記。

小動 爽太(こゆるぎ そうた)
声:下野紘
本作の主人公。25歳。通称:チョコレート王子。実家がケーキ屋で、高校卒業後に製菓学校へ進学。高校1年生の時、1年先輩のサエコに一目惚れし、一途に想い続ける。振られた後も、サエコを振り向かせるためだけにフランスへ修業に行き、帰国後はショコラティエとして自分の店「ショコラヴィ」を持つまでに成長する。サエコの結婚後も気持ちは変わらない。妄想癖の一面があり、サエコの白昼夢を見ることもしばしばある。
引用元:失恋ショコラティエ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E6%81%8B%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8

小動(こゆるぎ)という苗字の人は実在しますか?
失恋ショコラティエを見ていてふと、疑問に思いました。
主人公を始めとする登場人物に小動(こゆるぎ)という姓の人たちが出てきます。
大変めずらしく、ネットで検索しても
鎌倉にある地名や神社がヒットするだけです。

実際には小動さんというひとはいるのかなぁと思いまして・・。

【小動:こゆるぎ】姓について
全国の電話帳をベースにしている苗字の専門サイトには、該当の姓が見当たりません。
電話帳の掲載がないからと言って、その苗字がないことの証明にはなりませんが、
おそらく脚本家がいろいろと知恵を集めて存在しないものを名付けたのでしょう。

ちなみに「姓氏家系総覧」にも該当なしでした。
引用元:小動(こゆるぎ)という苗字の人は実在しますか? – 失恋ショコラティエを見て… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13121228538

小動岬(こゆるぎみさき)は神奈川県鎌倉市腰越2丁目にある岬で、八王子山とも呼ぶ。岬には腰越村の鎮守として信仰を集めた小動神社(当時は八王子社と称す)がある。幕末には台場(八王子山台場)が設置され川越藩・会津藩・長州藩などが沿岸の監視に携わっていた。展望台があり、相模湾を一望の下に置く事ができる。さらに晴れた日は富士山や伊豆半島も望める。
引用元:小動岬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%8B%95%E5%B2%AC

松本 動(まつもと ゆるぐ、1969年(昭和44年)10月14日 – )は、日本の映画監督、脚本家、テレヒ゛のディレクター。東京都立川市出身。

テレビの再現ドラマや企業VPドラマの脚本・監督をする一方、自主映画を制作して、数々の賞を得る。

2019年に初の「星に語りて-Starry Sky-」で長編映画デビューする。[1]
引用元:松本動 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%8B%95