『メルヘブン』「バッボ」けん玉 「もしかめ系」大波小波・かじ屋・もしかめ「所定の動作を繰り返す技」 フランスのけん玉「ビルボケー」

010CAsvDxjRwN
漫画『メルヘブン』に登場する
ARMの「バッボ」は
どんな形をしている?
Aコマの画像
Bけん玉の画像◯

CIMG0090SLoagPQwwJAF
次のうち、日本けん玉協会に
よる「けん玉の技百選」で
「もしかめ系」に分類される
技を全て選びなさい
○大波小波
×空中ぶらんこ
○かじ屋
○もしかめ
×ろうそく
×野球けん

キューブ
フランス語で日本の「けん玉」に当たる遊びです
→ビルボケー
Bilboquet

『MÄR – Märchen Awakens Romance』(メル)は、安西信行による少年漫画作品および、それを原作としたアニメ作品。
>2003年から『週刊少年サンデー』(小学館)で連載され2006年第31号で完結した。2006年9月に最終巻15巻を発刊。そして2006年39号より2007年28号まで、作画:星野倖一郎による続編「MÄRΩ」(オメガ)が連載された(全4巻)。メルの公式ファンブック「アクトシルバー」も発売されている。タイトルは、ドイツ語のMärchen(メルヘン)にちなむ。しかし、北米での公式な読み方は「マール」。
>メルヘンの国に憧れていた普通の中学2年生虎水ギンタは、「門番ピエロ」と呼ばれるÄRMの力で異世界、メルヘヴンへ召喚された。この世界では、ÄRMという魔法のアクセサリーが存在し、それを使用することによって、使用者に力を与えることができる。メルヘヴンに来たギンタは「バッボ」という生きたÄRMと出会い、仲間たちと出会い、共に戦闘集団「チェスの兵隊(コマ)」に立ち向かう。
引用元: MÄR – Wikipedia.

バッボ
声 – 銀河万丈
世にも珍しい「しゃべるÄRM」。その外見は玉に顔のついたけん玉。6年前、アランが用意した宝箱のÄRMの中に封印されていたが、ギンタによって封印が解かれ彼のÄRMとなる(本人はギンタが家来になったと言っている)。元々は、チェスの兵隊の司令塔・ファントムが所持していた。最終的にバージョン8まで変形することができる。人間の人格をダウンロードできる能力を持った特殊なÄRMで、基本の人格は先代のカルデア長老である[1]。
引用元: MÄRの登場人物 – Wikipedia.

日本けん玉協会が厳選した123の技を収録。
初心者から上級者、子供から大人まですべての人が楽しめる一冊です。
☆は難易度を表しています。
3)「もしかめ系」

No.19.もしかめ☆☆

No.20.大波小波☆☆☆

No.21.かじや☆☆☆
引用元: けん玉の技1・2・3 | 公益社団法人日本けん玉協会.

けん玉(けんだま)は、十字状の「けん(剣)」と穴の空いた「玉」で構成される玩具。日本をはじめ、世界各国で遊ばれている。なお表記には剣玉、拳玉、剣球などがあるが、21世紀初頭では「けん玉」が一般的。
>もしかめ系
所定の動作(主に皿に乗せる)を繰り返し、持続時間を競う技。
引用元: けん玉 – Wikipedia.