下町シン

2018年12月公開のアニメ映画
『妖怪ウォッチ
FOREVER FRIENDS』の舞台は
1960年代である
◯(答)
×1980
54%

「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」の舞台は1960年代。たった一人の家族である母親を亡くした少年・シン、不幸のどん底にあったシンを救った少年・イツキ、妖怪が見える少女・タエの3人が、シンの守護霊・スーさん、そして猫又など新たな妖怪たちとともに、大切な家族の魂を取り戻すため不思議な事件に立ち向かう。公開された最新ビジュアルでは「ずっと一緒だと思ってた」という言葉とともに、妖怪・猫又と切なげな表情のシンが見つめ合う姿が描かれた。
引用元:映画「妖怪ウォッチ」最新作の舞台は1960年代、母を亡くした少年の友情物語(コメントあり) – コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/286749

『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』(えいが ようかいウォッチ フォーエバー フレンズ)は、テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版第5作目。2018年12月14日より公開。

キャッチコピーは「ずっと一緒だと思っていた」「何があっても、この友情は忘れない」[1]。

概要
『妖怪ウォッチ』の映画シリーズ5周年記念作品[2]。2018年6月15日に本作が12月に公開することが発表され[3]、同年6月22日に予告動画が公開された[4]。

現代より約60年前にあたる1960年代のさくら元町および妖魔界を舞台に、妖怪ウォッチ[注 1]を手にした少年少女たちの活躍と友情、エンマ大王誕生に迫る物語。登場キャラクターも一新し、メインに登場する妖怪の多くは日本古来の伝承・神話にある妖怪や神がモチーフとなっている[3][注 2]。

第1作目~第4作目までは公開日が土曜日となっていたが、本作以降の公開日は金曜日となっている。

なお、2019年6月20日にレベルファイブより発売されたNintendo Switch用ゲームソフト『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』では、今作の舞台や人物がこれまでのシリーズと合わせて登場する。

テレビ東京系列では、次作『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』公開に合わせ、2019年12月7日に初放送された。
引用元:映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A0%E7%94%BB_%E5%A6%96%E6%80%AA%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81_FOREVER_FRIENDS