アニメ脚本『ポケットモンスター』『ミンキーモモ』

首藤剛士原作の小説を
ゲーム化した、1995年に
徳間書店インターメディアが
発売したSFC用RPGは?
ーフのナレ遠ィ永
永遠のフィレーナ(答)
30%

連想
アニメ脚本家
『戦国魔神ゴーショーグン』
『ミンキーモモ』
『ポケットモンスター』
首藤剛志(答)しゅどうたけし

『永遠のフィレーナ』(えいえんのフィレーナ)は首藤剛志の小説およびメディアミックス作品。

『アニメージュ』にて1984年より連載。翌年に第1巻が刊行され、1994年まで文庫版で全9巻が刊行された。後にOVA化、ゲーム化される。 OVAは、1992年から1993年にかけて全6巻が発売された。
引用元:永遠のフィレーナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E9%81%A0%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A

首藤 剛志(しゅどう たけし、1949年8月18日 – 2010年10月29日)は、日本の脚本家、小説家。福岡県出身。主にアニメ関係の仕事を中心にしていた。日本脚本家連盟会員。

父は福岡県副知事、自治事務次官、地方財務協会会長などを務めた首藤堯。

人物[編集]
代表作にアニメ『宇宙戦士バルディオス』、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』シリーズ、『ポケットモンスター』などがある。洒脱な台詞に定評があり、シリーズ構成を担当した作品における次回予告がユニークなことでも知られている。『ポケットモンスター』では、ロケット団の口上「なんだかんだと聞かれたら〜」という名フレーズを生み出した。脚本家としてのほか、舞台ミュージカル作家や小説家としても活動していた。

生まれは福岡県だが、父が国家公務員であったため幼少時には東京都・札幌市・奈良県などを転居し、土着性のない乾いた作風はそうした経験から来ていると本人は語っている。東京の渋谷区には小学5年時から居住し、アニメ『アイドル天使ようこそようこ』は渋谷を舞台にした。その後、神奈川県小田原市に転居し、以後の作品はほとんど小田原で執筆された。晩年は元の渋谷区に在住していた。
引用元:首藤剛志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E8%97%A4%E5%89%9B%E5%BF%97

永遠のフィレーナ 9 (青く果てしなく) 青く果てしなく
首藤 剛志(著)高田 明美(絵)

紹介
デビス帝行に滅ぼされた海洋国家フィロセラの王女フィレーナは、奴隷の闘技士として育てられた。自らの運命の導くままに帝国の神殿を破壊したフィレーナの噂は帝国中に広まり、各地に非帝国民の反乱軍が乱立した。その後、南部海岸地方でNo.1の反乱軍を率いるようになったフィレーナは、単身極北の地に向かう。そこでフィレーナはフィロセラの大艦隊を発見。反乱軍を結集し、帝国との一大決戦へと向かう。シリーズ完結編。
引用元:永遠のフィレーナ 首藤 剛志(著) – 徳間書店 | 版元ドットコム https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784199000140