タアモ『たいようのいえ』

『カガクチョップ』
『キルミーベイベー』などの
作品で知られる漫画家は?
タルモ
アヅツ
ノアホ
カヅホ(答)
56%

『アシサン』『たいようのいえ』などの作品で知られる漫画家は?
タアモ(答)

代表作に『ヤスとケンジ』や作画を担当した『俺物語!!』がある漫画家は?
アルコ(答)

『ソラミちゃんの唄』『クルミくんNO FUTURE』などの作品で知られる漫画家は?
ノッツ(答)

カヅホとは、日本の漫画家である。1977年9月13日生まれ。栃木県出身の東京都在住。
生物全般、UMA好きで、趣味は格ゲーや料理など。[1]。
両目が開いた黒塗りの異生物みたいな自画像が特徴である。

概要
短大のアート・デザイン学科から美術専門学校を経て、同人誌のイラストや漫画を手がけるうちに、芳文社から声がかかり代表作『キルミーベイベー』の誕生へとつながった。[2]。
キルミーベイベーはまんがタイムきららキャラット誌に2008年1月号からゲスト連載、同年7月号から正式連載開始し、2012年1月~3月にアニメ化するなど大人気の作品となっている。 ほかにも『カガクチョップ』『のんカフェ』などを連載。また「腹痛ダイナー」のサークルで同人誌活動を行っている。

もともと擬人化キャラや怪人などをよく描いており、怪人が好きなあまりマタンゴの仮装で阿佐ヶ谷の仮装コンテストに出演し準グランプリを取ったこともある[3]。
自身の主観ではなく、他者の感じる「おもしろい」を客観視しながら描くようにしている。例えばキルミーベイベーは編集担当との打ち合わせで設定を生み出した上で、どういうネタなら読者がおもしろいと思うかをじっくり考えた上で描き出しており、好きでキャラに殺し合いをさせているわけではないとのこと。[4]
引用元:カヅホとは (カヅホとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AB%E3%83%85%E3%83%9B

カヅホ(9月13日[1] – )は、日本の漫画家・イラストレーター。男性。東京都在住[2]。桐生第一高校を卒業後、桐生短期大学(現・桐生大学短期大学部)アート・デザイン学科(2004年)[3]、阿佐ヶ谷美術専門学校卒[4]。

芳文社の月刊雑誌『まんがタイムきららキャラット』2008年1月号に『キルミーベイベー』を掲載、同年7月号から連載している。「腹痛ダイナー」というサークルで同人活動も行っている。
引用元:カヅホ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%85%E3%83%9B

タアモ(1月26日[1] – )は、日本の漫画家。水瓶座。B型。

現在は『ベツコミ』を卒業して、『デザート』(講談社)2010年6月号より「たいようのいえ」を連載[注 1]。同作は2014年に講談社漫画賞少女部門を受賞。また、『月刊フラワーズ』(小学館)2011年11月号より『アシさん』を連載[注 1]。

自身のペンネームについて、初の単行本発売時に「タアモです。子どものときのあだ名がそのままペンネームになりました」という煽りが帯に記載されていた。
引用元:タアモ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A2%E3%83%A2

アルコ(7月26日[1] – )は、日本の漫画家。石川県小松市出身[1]。女性。血液型A型[1]、身長160cm。アルコという名前は本名のリョウコより(リョウコ→RYOKO→R子→アールコ→アルコ)。

1999年、『雨ノチ晴レ』でデビュー[1]。主に『別冊マーガレット』(集英社)で活躍している。

2005年から2006年まで『ヤスコとケンジ』を連載。2008年7月、テレビドラマ化された(日本テレビ系列、土曜ドラマ枠)。

2011年から2016年まで『俺物語!!』(原作:河原和音)を『別冊マーガレット』にて連載した。
引用元:アルコ (漫画家) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3_(%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6)

ノッツ(KNOTS、1981年[1]7月6日[2] – )は日本の音楽家兼漫画家・イラストレーター。山口県出身、東京都在住。現在、『サウンド・デザイナー』で『たくろくガールズ』を連載中。

引用元:ノッツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%83%E3%83%84