作品番号

2018年に登場した『bemani』
シリーズ『ノスタルジア?』
Op.2
オーパスツー(答)
37%

『ノスタルジア』(NOSTALGIA)は、コナミアミューズメントより2017年3月1日に稼動開始したピアノの鍵盤を模したアーケード用音楽ゲームで、BEMANIシリーズのひとつ。

キャッチフレーズは『触れた旋律が 時を紡ぎ出す』。

概要
ピアノを模した筐体が特徴。同じBEMANIシリーズであった『BeatStream』の筐体をそのまま流用[1]しており、タッチパネルと鍵盤風デバイスを持ち、演奏は鍵盤風デバイスを、選曲等その他の操作はタッチパネルを使う。

鍵盤楽器を模したゲームとしては、過去に同じBEMANIシリーズであった『KEYBOARDMANIA』が稼働していたが、本作はKEYBOARDMANIAと異なり本物の鍵盤は搭載しておらず、操作性も実際の楽器演奏を再現していたKEYBOARDMANIAと比較してかなり簡略化されている。

シリーズ作品

『ノスタルジア Op.2』(コナミ)のアーケードゲーム筐体。ディスプレイ前にピアノ鍵盤を模した入力装置がある。
ノスタルジア(2017年3月1日稼働)
初代作品。
ノスタルジア FORTE(2017年7月19日稼働)
サブタイトルの読みは「フォルテ」。タイトルロゴでは「ƒORTE」のように表記される。
店内マッチングとグレード昇格システム実装、新判定「NEAR」、片手で演奏機能などが追加された。
ノスタルジア Op.2 (2018年9月26日稼働)
サブタイトルの読みは「オーパスツー」。キャッチフレーズは『君の旋律が世界をひらく』。
モードの追加・名称変更(「通常演奏」、「リサイタル」)、新難易度「Real」[2]、ゲーム内通貨「nos」などが実装された。
ノスタルジア Op.3 (2019年12月2日稼働)
引用元:ノスタルジア (音楽ゲーム) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A2_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)

タイトル・イメージ †
ノスタルジアシリーズ第2作目。
初代から数えて2回目の大型アップデートとなる。
SOUND VOLTEX以降、長らく1回以下の大型アップデートのみで終了するBEMANIシリーズが続いていたため*1、2回以上の大型アップデートが行われた機種はSDVXから数えて実に5機種ぶりとなる。
タイトルの読みは「ノスタルジア オーパスツー」。
「オーパス」(opus、Op.、オーパスナンバー)はクラシック音楽において「作品番号」を意味し、「Op.+数字」といった表記で使用する。
キャッチフレーズは「君の旋律が世界をひらく」
宣伝ポスターのフレーズは「音楽のない世界で」
タイトルロゴでは英字の「NOSTALGIA」の方が大書きされているが、正式名称は従来通りカタカナ表記の「ノスタルジア」とされている。
引用元:ノスタルジア Op.2 – BEMANIWiki 2nd http://bemaniwiki.com/index.php?%A5%CE%A5%B9%A5%BF%A5%EB%A5%B8%A5%A2%20Op.2

作品番号(さくひんばんごう、英: opus number)は、(クラシック音楽の)作曲家の作曲した楽曲に付される番号。英語圏ではOp.、 ドイツ語、フランス語などではop.と略されることが多い。日本語では「作品○○」と呼ぶが、英語風に「オーパス○○」と呼ぶこともある。おおむね、作曲の若い順に付けられる。作曲家が自ら付ける場合もあるが、クラシック音楽の場合は、18世紀以降、出版された1冊の楽譜を単位として与えられることが一般的である。そのため、作曲順というよりも出版順となることも多く、後人の混乱の元になることも多い。交響曲など大曲は1曲で1冊の楽譜となるため、ひとつの作品番号を与えられるが、ピアノ小品(たとえばショパンの練習曲)などは1冊に複数の曲が収録されるため、個々の曲は「作品25-1」「作品25の1」「作品25 第1番」「Op. 25 No. 1」など様々に表記される。同じ理由などにより、最初の作品が出版されるより前に作曲された作品には付番されないこともある。没後に出版された曲には「遺作 羅: opus postumus、英: opus posthumous」という表記が与えられることもある。欧文、英文など欧米の言語ではop.やNo.または後述する学術的な整理番号と数字の間には半角スペースを入れるのが通常である。

改版などで2種類以上の版を区別するためには、番号に b (また a)などを付記する。
引用元:作品番号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%9C%E5%93%81%E7%95%AA%E5%8F%B7