オランウータン【やれ言うたん】

『ポケットモンスター サン・
ムーン』で初登場したポケモン
ヤレユータン(答)
29%

ヤレユータン
やれゆーたん

ヤレユータンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一体である。

データ
図鑑番号 No.765
分類 けんじゃポケモン
タイプ ノーマル / エスパー
高さ 1.5m
重さ 76.0kg
特性 せいしんりょく / テレパシー / きょうせい

概要
初登場は『ポケモンSM』。
「ムーン」バージョンのみに登場するポケモン。(「サン」バージョンではナゲツケサルが登場し、静動対称となっている)
白い体毛を持ち、ローブのようにも見える紫色の毛が特徴。モチーフはオランウータン。相撲の行司や大天狗のような印象もある。名前の由来は後述の独自技から考えて関西弁の「やれゆうた(=やれ、と言った)」と「オランウータン」からだと思われる。

普段は森の奥深くで単独で生息し、樹の上で瞑想をしている。森のポケモンにエサを与えたり、傷ついたポケモンに薬を煎じたりする。森の隅々まで知り尽くしていると言う。
たまに海辺に現れてはヤドキングと知恵比べをすることもあるらしい。
アローラ地方の人々はヤレユータンを森に住む人だと思い込み、「森の人」と呼ばれていた。因みにモチーフのオランウータンの名前は「森の人」という意味である。

ポケモンの中では知能が高い部類に入り、葉っぱを使って扇子を作ったり、人間の道具も使えてしまう。モンスターボールを使ったという目撃例もあるらしい。
ただそれ故に未熟なトレーナーを見下す習性がある。軍師(ヤレユータン)を迎え入れるには君主(トレーナー)に相応の実力が必要だと言う事なのだろう。また、ヤレユータン同士は知能が高すぎる者同士である為、非常に仲が悪く、どちらの格が上か知恵比べをすると言う。

葉っぱと体毛で作られた扇子で対象を意のままに操る能力がある。モンスターボールを使ってポケモンに勝手に命令したケースがあるのだから、やろうと思えばトレーナーの代行を出来てしまうのかもしれない。
引用元:ヤレユータン (やれゆーたん)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3

ヤレユータン
No.765 タイプ:ノーマル/エスパー
通常特性:せいしんりょく(ひるまない。
             特性「いかく」の影響を受けない(第8世代から))
     テレパシー(味方の攻撃に当たらない)
隠れ特性:きょうせい(道具を失った味方に自分の道具を渡す)
体重  :76.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80
入手可能ソフト:M/UM/SH

名前の由来は「オランウータン」+「やれ言うたやん」だろうか。
↑「お前!二回も攻撃してんじゃねーよ!」「アイツがやれゆーたんや!」「うほほ♪」
引用元:ヤレユータン – ネタポケまとめ改@wiki – アットウィキ https://w.atwiki.jp/p649493386251151/pages/1136.html