「天沼矛」あめのぬぼこ『ささみさん@がんばらない』天沼矛町「天逆鉾」高千穂峰 「内宮」ないくう 「草薙剣」熱田神宮「八尺瓊(やさかにの)勾玉」皇居「八咫(やたの)鏡」伊勢神宮

055FxqNmuZNKc
日本神話で日本の元となる
渾沌とした大地をかき混ぜた矛
天沼矛
あめのぬぼこ

CIMG2273BEYwPvBBPYaR
『ささみさん@がんばらない』の
舞台となるのは「◯◯◯町」?
天沼矛
あめのぬぼこ
「天沼矛町」

スロット
山頂には日本神話に登場する
天逆鉾が突き立てられている
宮崎県と鹿児島県の県境にある
霧島連邦第二の山は○○○峰?
→高千穂

20120204abc
次の日本神話における
三種の神器と現在の奉納先の
正しい組み合わせを選びなさい
草薙剣───熱田神宮
八尺瓊勾玉───皇居
八咫鏡───伊勢神宮

CIMG83632cGzsXJbWah1
伊勢神宮で、天照大神が
ここに祀られてます
内宮
ないくう

天沼矛(あめのぬぼこ)は日本神話に登場する矛である。『古事記』では天沼矛、『日本書紀』では天之瓊矛(本文)・天瓊戈(一書第一・第二・第三)と表記される。
>伊邪那岐・伊邪那美は、天浮橋(あめのうきはし)に立って、天沼矛で、渾沌とした大地をかき混ぜたところ、矛から滴り落ちたものが、積もって淤能碁呂島(おのごろじま)となった。伊邪那岐・伊邪那美は淤能碁呂島で結婚し、大八島と神々を生んだ(国産み、神産み)。
引用元: 天沼矛 – Wikipedia.

天逆鉾(あめのさかほこ)は、日本の中世神話に登場する矛である。一般的に記紀に登場する天沼矛の別名とされているが、その位置付けや性質は異なっている。中世神話上では、金剛宝杵(こんごうほうしょ)、天魔反戈(あまのまがえしのほこ)ともいう。宮崎県高原町の霊峰高千穂峰の山頂に突き立てられている。山頂部は、霧島東神社(宮崎県高原町鎮座、霧島六所権現の一社)の飛び地境内であり、天逆鉾は同社の社宝である。
引用元: 天逆鉾 – Wikipedia.

皇大神宮(こうたいじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。伊勢の神宮の2つの正宮のうちの1つである。一般には内宮(ないくう)と呼ばれる。式内社(大社)。
引用元: 皇大神宮 – Wikipedia.

やた‐の‐かがみ 【八咫鏡】

《大きな鏡の意》三種の神器の一。天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋に隠れたとき、大神の出御を願い、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作ったという鏡。伊勢神宮に御霊代(みたましろ)として奉斎。やたかがみ。
引用元: 八咫鏡とは – コトバンク.

あま‐の‐むらくものつるぎ 【天叢雲剣】

三種の神器の一。日本神話で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が出雲国の簸川(ひのかわ)上流で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したときに、その尾から出たという剣。のちに、熱田神宮に祭られる。別称、草薙剣(くさなぎのつるぎ)。→草薙剣
引用元: 天叢雲剣とは – コトバンク.

八尺瓊勾玉【やさかにのまがたま】

三種の神器の一つ。皇位継承の象徴とされるもので,宮中三殿の賢所(かしこどころ)に置かれる。勾玉は曲玉とも書く。
引用元: 八尺瓊勾玉とは – コトバンク.