『怪物(けもの)事変』

『保健室の死神』『MUDDY』など
の作品がある女性漫画家です
藍本松
あいもとしょう(答)
55%

藍本 松(あいもと しょう、1987年12月22日 – )は、日本の女性漫画家。

経歴
『花咲か姫』で第33回(2005年12月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞(審査員:大場つぐみ)を受賞。同作が『赤マルジャンプ』(集英社)2006 SUMMERに掲載されてデビューを果たす。

『ジャンプ the REVOLUTION!』(集英社)2006に『MUDDY』を掲載。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2007年36・37合併号に、第3回金未来杯参加作品として『MUDDY』を掲載。『週刊少年ジャンプ』2008年3号から16号まで『MUDDY』を初連載。

『週刊少年ジャンプ』2009年41号から2011年29号まで『保健室の死神』を連載。

『ジャンプSQ』2017年1月号から『怪物事変』を連載中[1]。
引用元:藍本松 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%8D%E6%9C%AC%E6%9D%BE

保健室の死神とは、藍本松による『週刊少年ジャンプ』で2009年41号~2011年29号まで連載された日本の漫画である。全10巻。

あらすじ
養護教員として常伏中学校に赴任してきた本編の主人公「派出須 逸人」。恐ろしい顔立ちをしている彼は、身体に「悩み」や「迷い」に精神的に耐えられなくなった人間の心につけ込むモノ「病魔」を喰らう力を宿している者であった。

派出須 逸人(はです いつひと)

 通称「ハデス先生」。本作の主人公であり、自らの体に敢えて病魔を宿している「罹人」(かかりと)と呼ばれる存在。病魔を喰らう力もそれに由来している。
 恐ろしい顔立ちをしているが、性格は繊細で人見知りする。生徒たちと関わりを持とうと気遣いを怠らないが、その容姿のために生徒たちからは恐れられ、裏目に出ることが多い。決め台詞は「咀嚼完了」。
引用元:保健室の死神 (ほけんしつのしにがみ)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E4%BF%9D%E5%81%A5%E5%AE%A4%E3%81%AE%E6%AD%BB%E7%A5%9E

古来よりこの世に潜み、人に見つからないように人と関わり合って生きる〝怪物″(けもの)。しかし現代では人と必要以上に深く関わろうとする…例えば子供を作ろうとするケースが多数報告されるようになった。そんななか、血を持たぬ鬼〝屍鬼″(クーラー)と人間の間に生まれた少年、夏羽。少年は化狸の隠神と出会い、不可思議な運命に誘われていく…。
引用元:ジャンプSQ.│『怪物事変』藍本 松 https://jumpsq.shueisha.co.jp/rensai/kemonojihen/