【鮎は雄会う】

次の野村美月のライトノベル
『ヒカルが地球にいたころ……』
シリーズの作品を
刊行順に選びなさい
『”葵”』
『”夕顔”』
『”若紫”』
『”朧月夜”』
『”末摘花”』
『”朝顔”』
『”空蝉”』
『”花散華”』
37%

“葵” ヒカルが地球にいたころ……(1)
682円(税込)
「心残りがあるんだ」恋多き学園の”皇子”ヒカル――その幽霊が、是光の前に現れそう告げた。このまま幽霊につきまとわれ続けるなんて冗談じゃない!と渋々”心残り”を晴らす協力をすることにした是光だが、対象の左乙女葵――”葵の上”と呼ばれる少女は、頑なに話も聞こうとせず、生徒会長の斎賀朝衣にも不審がられ、敵視されるハメに。そんな時、ヒカルの死にまつわるある噂が聞こえてきて――!?

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)
660円(税込)
取り憑かれ、うっかり友達になってしまった幽霊のヒカルのため、その”心残り”を晴らす約束をした是光。ヒカルが示した次の相手は、内気な引きこもりの少女だった。夜にだけ咲く儚い花のような少女、夕雨。閉じた世界で幸せに微笑む彼女と過ごすうち、徐々に放っておけない気分になる是光だったが……。何故か約束の内容を告げないヒカル。そんな中、夕雨を不登校にした”怨霊”の噂が学園に蘇る。

“若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3)
682円(税込)
「お兄ちゃんが、ヒカルのお友達……なの?」ヒカルの次の”心残り”は何と、九歳・小学四年生の美少女だった!! ドン引きする是光だったが、見かけによらずしたたかな少女、紫織子には弱みを握られ、ヒカルにも頼み込まれて、しぶしぶ彼女の面倒を見ることにするが……。案の定ロリコンと誤解され、葵や帆夏にも白い目で見られて散々なことに。
引用元:“葵” ヒカルが地球にいたころ……(1)- 漫画・無料試し読みなら、電子書籍ストア BookLive! https://booklive.jp/product/index/title_id/145125/vol_no/001

『ヒカルが地球にいたころ……』(ヒカルがちきゅうにいたころ)は、野村美月による日本のライトノベルシリーズ。イラストは竹岡美穂が担当。ファミ通文庫(エンターブレイン)より、2011年5月から2014年4月まで刊行された。

概要[編集]
前作『“文学少女”シリーズ』同様実在する小説が題材となっている。題材は『源氏物語』であり、登場人物の名前に源氏物語の登場人物などの名前が使われている。また、裏設定として源氏物語以外にもう1つ題材があるとされている[1]。

あらすじ[編集]
友達を欲しながらも高校デビューに失敗し、周囲から不良と誤解され避けられていた赤城是光は、ある日学園の女生徒たちの憧れの的である帝門ヒカルに声をかけられ顔見知りになる。大勢の女性と交際し、一見すると充実した学園生活を送っているかのようなヒカルもまた、実は同性の友達を欲していた。しかしヒカルは、是光と本格的な親交を築く前に突然の死を遂げてしまう。

ところがヒカルの葬式に顔を出した是光の元に、死んだはずのヒカルが幽霊となって現れ取り憑いてしまい、彼から現世に残した女性関係絡みの未練を解決して欲しいと懇願される。幽霊となったヒカルの姿や声を認識できるのは是光だけで、ヒカル本人にも他に成仏する方法が思い当たらない為、是光は強面で誤解されやすく人付き合いが苦手というハンデを抱えつつも、ヒカルと親交のあった女性たちと関わっていくことになる。
引用元:ヒカルが地球にいたころ…… – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%81%8C%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%93%E3%82%8D%E2%80%A6%E2%80%A6