【女だけ】

花沢健吾の漫画
『たかが黄昏』の舞台は
男性だけの世界である
×(答)
42%


雑誌「ヤングマガジン」で
2018年7月に連載を開始した
現代の忍者を主人公とする
花沢健吾の漫画は?
『シアターニンジャ』
『ネクストニンンジャ』
『フューチャーニンジャ』
『アンダーニンジャ』(答)
-%
引用元:『アンダーニンジャ』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/44682/

015LIxwPkm
パニック漫画
噛まれるとゾンビのような姿に
主人公は漫画のアシスタント
作者は花沢健吾
『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』
『屍姫』
『アイアム ア ヒーロー』(答)
『さんかれあ』
引用元:『アイアムアヒーロー』花沢健吾のホラー漫画 ZQN 『実は私は』黒峰朝陽(くろみねあさひ)と人外(吸血鬼ほか)のラブコメ | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/12119/

099nzsAvVm
最初に発見された沖縄の山の
名前に由来するハ虫類です
オンナダケヤモリ(答)
39%
引用元:「オンナダケヤモリ」世界に分布する恩納岳由来のヤモリ「キシノウエトカゲ」日本最大のトカゲ 宮古・八重山諸島に生息する天然記念物 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/25776/

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「アイアムアヒーロー」などで知られる花沢健吾の新作「たかが黄昏れ」1巻が、本日2月6日に発売された。

ビッグコミックスペリオール(小学館)で連載中の「たかが黄昏れ」は、男が滅んでから17年後の日本を描く物語。主人公の女子高生・ひなたは、多感な時期を過ごしながらも、まだ見ぬ“男”に思いを馳せていた。なお本日は花沢がヤングマガジン(講談社)で連載している「アンダーニンジャ」1巻も同時発売。各単行本には互いの作品の第1話が読める試し読みチラシが封入されている。
引用元:花沢健吾「たかが黄昏れ」1巻、男が滅びた世界で少女はまだ見ぬ性に思い馳せる – コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/318940

アイアムアヒーローの花沢健吾、最新作!
いち早くヴァーチャル世界を描いた名作『ルサンチマン』! 等身大の駄目男をリアルに描いた『ボーイズ・オン・ザ・ラン』! そして、映画化もされ世界的大ヒットとなった累計部数800万部突破の『アイアムアヒーロー』!
常に時代を先取ってきた花沢健吾が放つのは、誰も見たことのない新たな世界!
「男」というものを知らない女子高生・ひなた。もう子供じゃないけど、まだ大人ではない多感な時期。世界は彼女にどんな選択を迫るのか…!?
花沢健吾が真正面から「女」を描く!
引用元:たかが黄昏れ 第1集 | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館 https://bigcomicbros.net/comics/31391/

『女だけの都』(おんなだけのみやこ)は、1935年公開のフランス映画。突然町にやって来たスペイン軍が、女たちの機転で平和裡に一夜を過ごして去る。17世紀初頭のフランドルを舞台にした艶笑的風刺物語。監督のジャック・フェデーと脚本のシャルル・スパーク(Charles Spaak)は共に、フランドルの後身であるベルギーの生まれである。フェデー夫人のフランソワーズ・ロゼーが、町の危急を救う町長夫人を演じた。

原題のLa Kermesse héroïqueは「英雄的な祭り」の意。邦題は、輸入元の東和商事が公募により定めた。
引用元:女だけの都 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E9%83%BD

管理職に就く女性がまだまだ少ない日本の現状
女には何もできない、専門的な仕事や政治などは男のものだ、という考えは長きにわたり、男性のみならず女性を縛ってきた。現在の日本にもそうした風潮が強くあり、国会議員の女性比率は先進国で最低レベル*1、管理職に占める女性の割合もG7最下位*2だ。

これは日本の女性が努力していないとか、能力がないからそうなる、というわけではない。 政治家の性差別発言が後を絶たないことからも分かるように、社会システムが女性が議員になったり、管理職になったり、自由にやりたいことをすることに対して著しく消極的だからそうなる。

この記事では、そんな状況と、頭を使ってこれを切り抜ける女性たちを描いた映画『女だけの都』(La Kermesse héroïque)を紹介したい。1935年という昔に作られたフランスのモノクロ映画である。悲しいかな、日本に住む女性が置かれた状況は、この85年も前に作られた映画と比べられるところがたくさんある。
引用元:85年前のモノクロ映画『女だけの都』が2020年に教えてくれること(北村紗衣) – はたらく気分を転換させる|女性の深呼吸マガジン「りっすん」 https://www.e-aidem.com/ch/listen/entry/2020/01/29/103000