セレッソ大阪代表取締役【ミスターセレッソ】

東海大学第一高校出身
日韓W杯チュニジア戦で得点
セレッソ大阪一筋でプレー
小柄なセカンドストライカー
西澤明訓
稲本潤一
大久保嘉人
森島寛晃(答)
56%

森島 寛晃(もりしま ひろあき、1972年4月30日 – )は、広島県広島市南区出身の日本の元プロサッカー選手、サッカー指導者。セレッソ大阪運営会社「株式会社セレッソ大阪」代表取締役社長。愛称は「ミスターセレッソ」「モリシ」。ポジションはミッドフィールダー(OH)、フォワード(ST)。

1998年、2002年FIFAワールドカップメンバー。

来歴[編集]
広島県の大河FCから、静岡県の東海大学第一高校(現:東海大学付属翔洋高校)へ進学し、1991年に、当時JSL2部のヤンマーディーゼルサッカー部に入団。入団当初からプロ選手として契約し、高卒1年目から出場機会を得て、2年目以降は完全に主力へ定着した。

1994年には、Jリーグ入りを目指してセレッソ大阪へと改称したチームを引っ張り、プロ化1年目での昇格を達成。Jリーグに参入した1995年には、チームの中心として50試合に出場、11ゴールを挙げ、Jリーグベストイレブンに選出された。同年、加茂周監督により日本代表に初招集。加茂政権下では一時期レギュラーにも定着したが、中田英寿の登場と共に控えとなり、岡田武史への監督交代後も主にスーパーサブ的な起用をされ、1998年のワールドカップ フランス大会日本代表にも選出、1試合に出場した。

12月6日、J2最終戦 第45節 vs愛媛FC戦ロスタイムに、自身が後継者として指名した香川真司に代わり現役最後の公式戦出場を果たした。出場した時間はわずか28秒であった。試合後、スタジアムにて最後の挨拶を述べ、家族から花束をプレゼントされた後、チームメイトから胴上げされた。その後、場内を1周している途中に香川真司に8番のユニフォームを渡し、グラウンドで現役生活最後のゴールを狙いにいくが、シュートが外れたり、クロスバーに嫌われたりするなど、4本シュートを打って結局入ったゴールは、コロコロと転がるボールをゴールしただけだった。その後、香川真司をフィールドに呼び、香川のアシストを受けた森島は、ゴールを決め、ゴールを決めた時に見せる飛行機ポーズを披露した。最後に、全員で記念撮影をし、引退セレモニーが終了した。森島が長年背負った背番号8はセレッソを象徴する背番号となり、後に香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一朗といったセレッソの中心選手に引き継がれている。

2009年からは、セレッソの「アンバサダー」として、テレビ・ラジオ番組やイベントなどへ頻繁に出演。その一方で、将来のトップチーム監督就任を視野に、A級ライセンスを取得した。また、セレッソがチーム統括部を新設した2016年からは、同部のフットボールオペレーショングループに配属。当面は、「アンバサダー」の活動と並行しながら、チームの編成やスカウティングにも携わる[8]。 2018年12月株式会社セレッソ大阪の代表取締役社長に就任[9]。
引用元:森島寛晃 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B3%B6%E5%AF%9B%E6%99%83